無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第29話

😢
大我side








北斗、さっき目合わせてくれなかった・・・、








やっぱり俺の事嫌いなのかな・・・








でも、仕事はしっかりやらないと・・・








カメラマンさんに目合わせてって言われたから北斗、目合わせたけど・・・








仕事だからって思ってるんだろう・・・








正直悲しかった・・・








・・・・・・・・・・・・・・・








カメラマン「じゃあ少し確認するね・・・」










北斗「はい、」









北斗は体勢をなおしたけど俺は北斗のことをずっと見てた・・・









北斗がそれに気づいたらしく・・・








北斗「なに、京本、」








と話しかけてきた・・・








正直驚いた・・・話しかけてくるなんて・・・









『あ、いやっ・・・・・・(別に・・・)』








北斗「そう、、」








北斗がどう思ってるかわかんないけど、








俺が何か言いたそうに見えたのかな?








俺の事をずっと見てきた・・・








わかんない、わかんないけど・・・








涙が出てきた・・・










無意識に・・・










NEXTSTORY