無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第99話

大我side








今日は仕事でJrとかとも一緒にいる








Jrの子ってほんと可愛いっ!あっ、ちっちゃい子ね、‪w








俺も半年前ぐらいまではJrだったんだなぁ〜








すると、Jrの中での話が聞こえてきた








Jr1「ねぇ、ねぇ、知ってる!?あの、SixTONESの北斗くん、彼女できたらしいよ!」

Jr2「えっ!?そうなの!?」

Jr3「あっ!知ってる知ってる!先輩が本人から聞いたって言ってた!」

Jr2「まじ!?あの、北斗くんが!?」

Jr1「確か、20代前半のロングのめっちゃ綺麗な女性って言ってた!」

Jr3「あ〜ね、ほんとかはわかんないけど 」








え?どういうこと!?








北斗に彼女?








俺がいるのに!?








は!?








え?








いや、でも、噂かもしれない・・・








でも、そこまで言われたら・・・








ちょっと、怖い・・・、








北斗・・・







北斗は、俺の事好きって言ってくれたよね、








あれ、ほんとだよね?








信じるよ、








北斗のこと








だって、










“好きだから”








NEXT▶