無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第105話

大好き
大我side








1人で家にいた








北斗が帰ってくるまで








北斗・・・








少し悲しかったよ・・・








女の子といて








分かってる・・・








絶対違うってわかってる・・・








分かってるけど、、、、



















今すぐ北斗を抱きしめたい・・・/////








ガチャ








北斗・・・?!








『北斗っ!』








北斗「た、だいま、、、」








『っ、、、おかえりっ、、、』







バタバタ









大我 ギュッ








北斗「え?」







『・・/////・・・』









北斗「大我っ、、、」








『っ!!大我っ!!・・・・・・戻った・・・』








北斗「・・・・・・怒ってるかと思ってた」








『っ、、、悲しかったけど、北斗のせいじゃないって分かってるから』








北斗「大我・・・」










『北斗、、大好き・・・』








北斗「知ってる・・・‪w」








『なにそれ、、‪w』








NEXT▶