無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第66話

ねぇ、楽しすぎるよ、、
樹side









ねぇ、みんな、きいてよ、、








あのね、毎日が楽しみ過ぎます・・・!!








俺、見ちゃったんだよねー









じゅり劇場の始まり〜








ある日のことです。








俺は珍しく早起きをしました









なので、その日の仕事の楽屋も余裕をもって行ったんです。








楽屋前、





入ろーそう思ったんです








まって、中から、声が聞こえる、、








きょもだ!!








でも、誰かと話してる風だったから、少し覗いたんだ








そしたらですね、きょもと北斗がギュッってしてました!!








樹劇場おわりー







あの二人、、、好き同士なんだ^^*








きょもほくがきょもほくしてて、尊っ








まぁ、2人は俺たちに隠してるみたいだから、あえて言わないよー‪w








んじゃね!今日のきょもほくは、、、?!









NEXT▶