無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第118話

聞いちゃった・・・
大我side








最近北斗がおかしい・・・








まぁ、でも、大丈夫って言ってたらいいやっ!








北斗「ごめん、京本、寝室で電話してもいい?」








『あっ、、、、うん、いいよ!』








北斗「ありがと、」








電話・・・








友達かなぁ〜?








1時間後・・・、









北斗の電話盛り上がってるみたい・・・








少しだけ声が聞こえる








・・・








っまぁ、いいんだけど、俺のズボンどこ行った?








無くなったんだけど・・・








・・・








あっ、寝室にあったかな、、、?








行ってみようかな・・・











寝室前








《なぁ、そういえば北斗彼女いるんだよな?》

北斗「彼女・・・・・・まぁ、」









・・・俺の事?








《うまくいってんの?》

北斗「どうなんだろ、、、、、、、、、」








えっ、、、、








《北斗〜》

《・・・・・・・・・北斗さ〜ん、》

《・・・・・・ほっく〜ん!》

北斗「あっ、うん、」








北斗「・・・・・・・・・・・・彼女なんでね、」

《え?》

北斗「あんまり好きじゃないかな、」

《そうなの?》

北斗「なんかもう時が来たって言うか・・・‪w‪w」








なにそれ、、、








俺とはお別れ?








なんで、、、、








《そっかぁ〜もう、その子はいらない?‪w》

北斗「・・・・・・・・・・・・・・・いら、、、、、な、、、」

《北斗?》

北斗「いらないっ!」