無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第64話

2人きりの楽屋
大我side








あ〜朝だ〜


おはー








んで、今日はあるバラエティー番組の収録でSixTONESみんなで出る。









楽しみ〜





















仕事現場、



楽屋――

ガチゃ


だれか、いるかな?



『あっ、、、』






北斗「京本、、、おはよ、」







『うん!おはよう!』








北斗じゃん!!!嬉しー!2人きり!?








『北斗っ!♪』








北斗「ん?」








『・・・好きっ!^^*』









北斗「っ・・・/////」








北斗のこと、いつから好きになったんだっけ、、







『ねぇ、北斗、』








北斗「・・・なに?」








『俺たち・・・メンバーの前で不仲演じるの?』








北斗「え?あっ、、あぁ、、うん、」








『そっか、、、、』








北斗のこと好きなのに・・・


北斗「どうかした?」







『あっ、!いや、ううん!』







北斗「そう?」







『うん!!ねぇ、』








北斗「なに?」








『不仲・・・演じる代わりにギュッってしていい?』







北斗「・・・っ、うん、」








『✿゚❀.(*´▽`*)❀.゚✿ギュッ』








北斗に包まれている時はすごく暖かかった、










NEXT▶