無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第52話

○ゆーちゅーぶ○
大我side









今日は、YouTubeの撮影でとある遊園地に来ている。








樹「どうも〜」



樹&こーち&きょも「SixTONESでーす」



北斗「どうもっ、SixTONESです。。」



ジェシー「SixTONESだ」


末ズ「よょょょょ・・・」








樹「はい!ということでですね!今回は○○遊園地に来ておりマース」





きょも「おぉっ!」







樹「えーっと、今日何をするかと言うとっ!」





きょも「はい!!✋」




樹「おっ!きょも!どうぞ!」




きょも「えーっと、たくさんの乗り物に乗るっ!」






樹「ずコッ デビューじゃないんかいっ!」





きょも「あっ、、、」


ガチで忘れてた、、


樹「・・・・・・はいっ!ということで!今かi・・・」


ジェシー「✋」


樹「えっ・・・ジェシーどうぞ?」


ジェシー「お化け屋敷に入る・・・!」


樹「あっ、あーまぁ、そうなんですけど‪w‪w‪w」


慎太郎「言っちゃダメじゃーん、!」


樹「そういうのいいです、いいです、‪‪w‪w」




―長くなりそうなので割愛します‪‪w ―







樹「はい!ということでジェシーが言っちゃったんですけど、」



髙地「うん、、」



樹「お化け屋敷に入りマース」



北斗「おぉっ!」



樹「で、2人ペアになって入ってもらいます。カメラを持って完全に2人で言ってもらいマース」



北斗「それって決まってるの?ペア」





樹「えーっ、と、あみだでこれから決めマース」




北斗「あみだって、、‪w」





ってことは、北斗となるかもしれないのか、、








樹が1人であみだ中・・・






樹「はい!ペア決まりました!!!えーっと!!まず〜樹、こーちペアーそして、きょもー北斗ペアーそして、慎太郎、ジェシーペアでーす!!」






、まじ、、、かよ、、








NEXTSTORY