無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

きまづい2人・・・大我side
大我side











多分北斗に嫌われた・・・









この間俺の事どう思ってるの?って聞いてしまった・・・








北斗は何も言わないで部屋を出ていったんだ・・・








絶対嫌われた・・・










あーあ、もう、仲良くなることは無理なのかもしれない・・・









北斗が何も言わなかったってことは俺の事好きじゃないんだ・・・










まぁ、そうだよね・・・









俺だけがメンバーとして、北斗を好きでいよう・・・













でも、









北斗と話したいな・・・










NEXT