無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第71話

昨日のお話
大我side








そっか、北斗昨日のこと、覚えてないのか、、、








俺だけドキドキして、、、/////








『・・・北斗!』








北斗「ん?」








『あの〜、、えっと、、さ、昨日のこと、、おぼえて、、、る?』








北斗「・・・・・・それがさ、、覚えてないんだよね、、、」








あ〜やっぱり、、、








北斗「京本覚えてる・・・?」








『えっ!?、、、えっとー、、、』








キスのこと言った方がいい!?








わかんないよっ、、、








『・・・昨日、キs・・・』ピピピピ・・・ピピピピ・・・








北斗「あ、アラームだ、、」








『え?』








北斗「ちょうどこの時間ぐらいに朝ごはん食べるってこと、、」








『・・・へー』









北斗「で、昨日、、なに?」










『えっとーー』








『・・・何も無いっ!』








北斗「嘘だ、、」








『・・・嘘じゃないっ!』









北斗「絶対嘘、言わないと・・・」








北斗が俺に近づいてくる、、








『/////』








北斗「キスするよ、、、?」








『フェッ!』








北斗の顔が近づいてくるよ〜(⁎×﹏×⁎)՞








『・・・それだよっ!!!!』








北斗「え?」








北斗の動きがピタリと止まった








『・・・キ、キスっ!』








北斗「キスが?」








『北斗が、昨日急にキスしてきた・・・/////』








北斗「・・・ふーん、」








『なんでそんなに、興味なさそうなのよっ!』








北斗「あるよっ?興味、その、京本のそそる顔にね、」








『え?』








北斗「チュッ」








北斗の唇と俺の唇が重なる








『/////』








北斗「ほら、ごはんっ、」










NEXT▶