無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第16話

撮影日・・・
北斗side









今日はいよいよ、撮影日・・・








ここ2週間仕事で京本と合ってるけど喋りはしない・・・








というか、喋りずらい・・・








今日はSixTONESみんなの写真と、ペア写真、個人写真を撮る








ペアは、まぁ、皆さんご存知俺と京本、樹と慎太郎、こーちとジェシーっていう感じ・・・








撮影はいやじゃない・・・








ただ気まずいんだ・・・








実は俺、打ち合わせの時どうしても行かないといけない仕事があって出られなかったんだ・・・









だから、どういう風に撮影するのか、完璧には把握していない・・・









まぁ、いつも通りでしょ・・・








撮影する場所に行ってみると、高いところや、正面、サイドなど、色んなところにカメラがついていた・・・








バックは暗い色で黒のソファが置いてある・・・









『なんか、、、、』








樹「北斗ー〜」








『あ、樹』








樹「わぁぉ、こんな感じなんだ、思ってたよりもスゴい・・」








『シンプルだけどテーマにあってるよね、』








樹「そうそう、」








北斗「で、どんな風に撮影するの?」








樹「あ、あぁ、それはね、ペア写真のときは、この部屋には、カメラマンさんと、撮る人しか入れなくて、まぁ、2人の素を出したい・・・みたいな?」








『素・・・?』








樹「まぁ、やってみたら分かるっしょ、撮ってる所は楽屋のモニターでみれるらしいよ、 」








『ふーん、』









なんか、、、、ね、、、










NEXTSTORY