無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

目覚め・・・
京本side













僕はもう一度眠りについた・・・














北斗side









『ん、ん〜』









あれ?俺寝てた?・・・








京本まだ寝てるし・・・








なんか、手握ってるし・・・








俺からにぎったんだろうけど








そっと手を離す・・・








京本おきて・・・・・・








ギュ










優しく抱きしめた・・・









やっぱり俺変だ・・・・・・・・・・・・




なんだ、この京本に対する気持ち・・・














不仲解消?・・・・・・








自分の気持ちが、わからない・・・











京本side








起きました・・・







そしたらですよ!!?







北斗が抱きついてるんです!!









どういうこと!?









これ、俺反応しない方がいい!?














北斗が起き上がってきた








目が合う









あ、、、、














NEXT