第2話

少女の話。 No.2
41
2020/07/22 12:20
君は友達…いや、それ以上、親友だったかもしれないね。

でも、


「だった」


だから。


今は違う。



君は心をズタズタに切り裂かれて、この狭き世界クラスに君の居場所なんて物は無い。


誰も君を助けない。



邪魔者扱いして、


蔑んで、


陰で笑って、


君の心に少しずつ傷をつけていく。


可愛そうに。

僕だってこんなことはしたくないんだよ。

だけどこうでもしなきゃ、


君は気づいてくれないじゃないか。








そして何より、










二人きりになれないじゃないか。

















僕には勝算があった。






僕にしか助けを求められない君は、






必然的に僕とずっと一緒にいる。







僕はそんな君を慰めて、






ずっと二人きりでいる。







君が僕の気持ちに気づいてくれれば、








僕と君は、これから先もずっと愛し合えるって思ってた。

プリ小説オーディオドラマ