第7話

野 郎
159
2019/03/12 07:58
あれから




事務所で、挨拶して


























家に帰った
















(ついでにヒョン達に奢ってもらったり
 服も買ってもらったㅋ)































んんーどうしよ























もう今日はどうしよしかいってないわ











































あ!!!!
























匿名で高校受けてるから性別は



わからない























お、





よゆーー




























プルルルルル
U
U
ん?
ジョングガだ
U
U
もしもし
Jungkook
Jungkook
あ、ジョンシフ!
明日学校説明会一緒にいこ!!!
(同じ高校)
U
U
あ、いいよ!
○○駅のとこで待ち合わせね、
Jungkook
Jungkook
りょーかい!
じゃあね!おやすみ~
U
U
はーい、おやすみー
U
U
💬疲れたぁ…お風呂入ってねよ…
U
U
お風呂、、、










自分もさ






















見たことないじゃん





























は○か




なんてさ









































































トイレは、なれたけど





























しっかりみるわけでも…




なにいってんだし私ㅋ




































あらためて体を見ると


























ほどよい筋肉がバッキバキあって





































重かったものが軽々しく持てるほど
すごいものだ





























自分こっわ






























つか






















このからだどっからきたん?





















わからんぺ。
























お風呂終えて寝てみた



















自分の体の隣で


























ちょっとされてみたかったシュチュエーションで











ねてみたㅋ




















寝てるときハグされてるみたいな







































おやすみ…



































ちょっと眠くなくなったから





起きてみると





















U
U
んえ?戻ってる…




そういうことね
























寝るとというか意識がなくなると













体が変わるのか

























起きた瞬間重っっ

て思ってみたら

























ジョンシフだから


























ビックリした
































寝顔かわよㅋ


















自惚れかよみてーなㅋ



















はいㅋ





































照れました。ㅋ







U
U
💬んー全くすることない
そう、することない。


























なにしよう



















高校は行かなくなったし。






























お父さんに頼んで
















夜のなんかバイトとかやろっかな






















お腹すいた…
U
U
💬だんだんわかってきたけど
不思議な感覚だなぁ
U
U
💬ゆっくり寝れないっつーかㅋ










































とりま朝まで求人いじってた

















































体を入れ換えて

































制服まだ届いてないから
洋服でいくのがこの高校。














































チキン食いながら待ち合わせに向かう
Jungkook
Jungkook
やっほー!
U
U
あ、おはよ
Jungkook
Jungkook
おはよ
Jungkook
Jungkook
チキン俺にもじゅせよ
U
U
ん、
Jungkook
Jungkook
うまぁ🐰
U
U
だよねー








ペチャクチャしながら目的の駅に着いた















































なんか、、朝からうるせぇなぁと思ってたら























電車でうるさかった中学校時代の私の
いじめっ子にばったりあった




























それも、、男子
















































めんどくさいことにならないようにと

祈りながら



















道を歩くと





















「ねえ、そこの君」
U
U
💬あーーーーまじかよなんでだよ
「いい体格してんじゃん?」
「タイマン張らね?」
U
U
はー?
「お、やる気か」

「お構い無く~ブゥン」
U
U
おっと
Jungkook
Jungkook
(  Д ) ゚ ゚
「え…」
U
U
あ、あれ?
「てめえ、、容赦しねぇ」
Jungkook
Jungkook
え、やば
U
U
💬覚悟を決めた


かかってこい。
「や、やろぉぉぉ!!!!」





ストレートが飛んでくる





















パシィィィィィ‼️
U
U
ギロッ
「…っっひ…!!」
U
U
いまさら嘆くとか情けねぇ。

まだ、したいか?
しにたくなかったら今すぐ俺の前から消えろ
二度と姿を見せるな。



「っっチッ覚えてろクソガキ!!」
Jungkook
Jungkook
、、ジョンシフこええええ
U
U
冗談だよ、ㅋ


いこ?
Jungkook
Jungkook
うんㅋㅋ
U
U
手を出したら負けだけど、
強かったら手を出すかも…
危ないし
Jungkook
Jungkook
まあ、そうだよね。ㅋ


俺もなんか、あったら手伝うわ
U
U
ありがと
Jungkook
Jungkook
おうㅋ

プリ小説オーディオドラマ