第99話

永久に続く、物語。
486
2020/04/14 13:18
響華(一年後)
響華(一年後)
楽しみですね!
煉獄杏寿郎
煉獄杏寿郎
うむ!そうだな!
響華(一年後)
響華(一年後)
♪~
ヒュルルルルルル………







ドォン…!!
響華(一年後)
響華(一年後)
わぁぁ…!
煉獄杏寿郎
煉獄杏寿郎
はっはっは!!やはり花火の音は響きがいいな!!
響華(一年後)
響華(一年後)
ですねですね!
煉獄杏寿郎
煉獄杏寿郎
…。
響華(一年後)
響華(一年後)
?どうしたんですか?
煉獄杏寿郎
煉獄杏寿郎
いや、響華が綺麗だと思ってな!
響華(一年後)
響華(一年後)
ちょっ、照れます…。
煉獄杏寿郎
煉獄杏寿郎
よもやよもやだ!
煉獄杏寿郎
煉獄杏寿郎
…なあ、響華
響華(一年後)
響華(一年後)
どうしたんです?
煉獄杏寿郎
煉獄杏寿郎
鬼狩りの我らには、未来を作る使命がある。
未来に残るような存在ではないが、我らが身を張り、弱き者を守る事で、また未来が開かれる。そうだろう?
…だけど、俺は願ってしまったんだ。
この先もずっと、君と居たいと
ドォン…ドォン…
花火の音が腹の底から響く。


ぎゅうと強く抱き締められた
響華(一年後)
響華(一年後)
きゃっ…//
煉獄杏寿郎
煉獄杏寿郎
響華。
煉獄杏寿郎
煉獄杏寿郎
俺には、未来の保証がない。
煉獄杏寿郎
煉獄杏寿郎
どこで死んでしまうか分からない
煉獄杏寿郎
煉獄杏寿郎
それでも
煉獄杏寿郎
煉獄杏寿郎
俺と一緒に、居てはくれないか__?
響華(一年後)
響華(一年後)
な、何を言って…
煉獄杏寿郎
煉獄杏寿郎
…響華、好きだ。
そして


























   



















































煉獄杏寿郎
煉獄杏寿郎
…俺の、妻になって欲しい
その言葉は、紡がれた
響華(一年後)
響華(一年後)
っ……………えっ……?
煉獄杏寿郎
煉獄杏寿郎
この先何があるか分からない。だけど。それでも君と一緒に、未来を作りたい。
煉獄杏寿郎
煉獄杏寿郎
一緒に未来を、作ってはくれないか?
響華(一年後)
響華(一年後)
……………そんなの、決まってるじゃないですか
響華(一年後)
響華(一年後)
勿論、一緒ですよ!絶対!寧ろ、一緒に未来を作らせて下さい…!
煉獄杏寿郎
煉獄杏寿郎
っ…!
響華(一年後)
響華(一年後)
どんな事があろうと私は立ち向かいます、義響響華は杏寿郎さんと共に立ち向かうと誓います、だからっ…!!





ドォン…!









響華(一年後)
響華(一年後)
私と、一緒に未来を紡ぎましょう…?  





それから、私達は鬼舞辻無惨を倒した。
私は片目片足を失い、杏寿郎さんは片目を失い、腹を貫かれ瀕死の状態に陥ったが、九死に一生を得て、柱から死人が出ることはなかった。
しかし
多くの若者が死んだ。
重傷を負った者も多かった。
けど、死んだものはもう、生き返らない。
私の呼吸でも、全員を助けることは出来なかった。
悲しいが、それでも彼等は未来を守った。
鬼に脅かされる未来ではなく
鬼に脅かされることのない未来を紡いだ。
多くの英雄だ。
煉獄響華
煉獄響華
…。
煉獄華火
煉獄華火
かかさまー!
煉獄響華
煉獄響華
おぉぉ華火!今日も元気だな
しかし…

死んだ彼等は、私達の子供の未来まで守ってくれた

私達も、救われたのだ
煉獄杏寿郎
煉獄杏寿郎
はっはっは!華火はやはり元気だな!
煉獄響華
煉獄響華
そうですねー
煉獄華火
煉獄華火
かかさまかかさま、今日はどこに行くの?
煉獄響華
煉獄響華
ん?英雄達のお墓と、かかさまのお友達。
赫子 狂
今日もお熱いですね?
煉獄響華
煉獄響華
うおっ、狂…。
齋藤真菜
お似合いお似合い
煉獄響華
煉獄響華
真菜まで…
西園寺りお
西園寺りお
間違いじゃないでしょ?
根来ふゆ
根来ふゆ
うんうん
血釜 垢
あーっ!羨ましいっ
黒木志乃
全くもって…
煉獄響華
煉獄響華
志乃まで言うか
煉獄華火
煉獄華火
お姉ちゃん達誰?
藍乃紫
まさか…
工藤みゆ
工藤みゆ
この子って…
煉獄響華
煉獄響華
そう。私の愛娘。
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
えっ!?
宇随天元
宇随天元
遺伝子強すぎだろwwwww
煉獄響華
煉獄響華
笑うな…、それは私も思っていたんだ…。
煉獄華火
煉獄華火
??
煉獄杏寿郎
煉獄杏寿郎
はっはっは!!仕方がない仕方がない!!
冨岡義勇
冨岡義勇
では…行くか
竈門炭次郎
竈門炭次郎
そうですね
時透無一郎
時透無一郎
そうだね
不死川実弥
不死川実弥
そうだなァ
煉獄響華
煉獄響華
さあ、行こう。
これまでも、これからも。

共に未来を歩む仲間達と。

この幸せが、永久に紡がれ

誰かの記憶に、残りますように…。




































そして、令和元年「キメツ学園」にて
また、彼等の物語が紡がれる_________。

プリ小説オーディオドラマ