無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第15話

じゅうに













この人は急に何を言っているのだろうか


Y o u .
Y o u .
...急に何よ、
h y u n j i n .
h y u n j i n .
特に意味は無いけど〜?



何!?最近の男の人は意味もなく


ちゅ、ちゅーしようとかいう...


恥ずかしいことを堂々と言えるの、?


Y o u .
Y o u .
そういうのは好きな人として、
h y u n j i n .
h y u n j i n .
え〜、分かったよ〜...



そう言うと渋々と私から離れていく


危なかった、もしかしたらこのまま...


なんてことも有り得たかもしれない。


うん、男はみんな野獣だから。


...多分。




それから唐揚げを作ってお皿に盛り付けて



2人で晩御飯を食べる



h y u n j i n .
h y u n j i n .
なんか新婚さんみたいだね?
Y o u .
Y o u .
またそういうこと言う、何が望み?
h y u n j i n .
h y u n j i n .
え〜?何が?
Y o u .
Y o u .
さっきから変だよファン君。
h y u n j i n .
h y u n j i n .
...そのファン君ってのやめてよ、
h y u n j i n .
h y u n j i n .
ヒョンジンにして?笑
Y o u .
Y o u .
嫌です。
h y u n j i n .
h y u n j i n .
なんでだよ〜!僕たち友達じゃん!
Y o u .
Y o u .
これといって意味は無いけど...
h y u n j i n .
h y u n j i n .
なんで〜
Y o u .
Y o u .
なんでも。



ずっともぐもぐ食べて感想も言ってくれない



Y o u .
Y o u .
...唐揚げ美味しい?
h y u n j i n .
h y u n j i n .
うん、とっても。




もしかしたら口に合わないんじゃないかと不安だったけどそんな心配いらなかったと胸を撫で下ろす。



h y u n j i n .
h y u n j i n .
そうだ、あなたちゃん僕にお弁当作ってよ
Y o u .
Y o u .
...まあ、お弁当くらいなら...




お弁当くらいなら、まあいいか、


チラッとファン君の方を見ると


キラキラした目でこちらを見つめている


Y o u .
Y o u .
...ファン君?
h y u n j i n .
h y u n j i n .
まじ嬉しい、あなたちゃん好き
Y o u .
Y o u .
えぇ、ありがとう...?
h y u n j i n .
h y u n j i n .
楽しみにしとく!!



一気にテンションが上がってご機嫌になった




ファン君は案外単純。