無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第14話

じゅういち










あれから10分後、


どんな唐揚げを作ろうかと携帯でレシピを調べていた


h y u n j i n .
h y u n j i n .
ただいま!!
Y o u .
Y o u .
あ、おかえり笑
h y u n j i n .
h y u n j i n .
言われた通りに買ってきたよ
Y o u .
Y o u .
有難う、助かる笑
h y u n j i n .
h y u n j i n .
おつかいは得意だからね〜



と胸を張るファン君。


学校ではファン君が噂になっているとどこかで聞いたことがあるけれど、


今なら納得できるかも。笑


Y o u .
Y o u .
じゃあ作るからお皿出してくれるかな?
h y u n j i n .
h y u n j i n .
わかった!



ルンルンと効果音が着くくらいご機嫌な様子で。


そんなに私の唐揚げが楽しみなのかな?とちょっと嬉しかったり。


Y o u .
Y o u .
ええと、後は...



あとは揚げるだけ。


h y u n j i n .
h y u n j i n .
ねえ、



後ろからファン君の声。


かと思ったら後ろから手を回されて。


今私ハグされてる?なんて呑気に考えることも出来ずに


Y o u .
Y o u .
....!?!?!
h y u n j i n .
h y u n j i n .
あは、びっくりした?
Y o u .
Y o u .
バカ、離れて
h y u n j i n .
h y u n j i n .
やだね〜。



なんてファン君は無邪気に笑っているけど、


私の心はドキドキしてる。


Y o u .
Y o u .
なんでいきなりハグなんか、ッ...
h y u n j i n .
h y u n j i n .
言ったじゃん。ごほーび。


そう言いながら私を抱き締めて左右に揺れる。


ゆりかごみたいで落ち着くかも、なんて思ったのもつかの間、









h y u n j i n .
h y u n j i n .
ねえ、ちゅーしちゃう?笑