無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

さん



















皆、仲良さそう。


人見知りが加速してる ..





??「ねねっ、あなたちゃん ..だよね?」




??「良ければお昼一緒に食べない??」




??「一人は寂しくて、笑」





Y o u .
Y o u .
あ、えっと ...






この子、いい子だ(確信)



しかも可愛い ...



Y o u .
Y o u .
私でよければ 、笑




??「ほんとっ!?へへ、良かったぁ。」





あ、目がきらきら。




??「私、ファンイェジ!宜しくねっ!」




ファン...イェジ....



Y o u .
Y o u .
イェジちゃん、宜しくね 笑
y e j i .
y e j i .
あなたちゃん、新しいクラスにはもう慣れた...?
Y o u .
Y o u .
ん~、まだかな、笑
y e j i .
y e j i .
ほんと?私も、!
y e j i .
y e j i .
早く慣れたいんだけど、
私高校から入学したから ...
Y o u .
Y o u .
そうなんだ!?
ここの学校、高校から入るの難しいって聞くけど...
y e j i .
y e j i .
うん、お兄ちゃんのおかげ!笑
Y o u .
Y o u .
そうなんだね、いいお兄ちゃんだ、笑





____





こんなに楽しかったお昼ご飯、初めてかも。


イェジちゃん、可愛かったなぁ ...


あ、そう言えば今日世界史あったっけ ...



Y o u .
Y o u .
...ファン君、今日って世界史 ...
h y u n j i n .
h y u n j i n .
今日?あるよ~?
Y o u .
Y o u .
あ、マジか、...どうしよう。




担任の先生、忘れ物に厳しいんだよな...




h y u n j i n .
h y u n j i n .
忘れたの~?見せてあげようか 笑
Y o u .
Y o u .
う、...見せてくれる?




あんまり人に借りを作るのは好きじゃないけど


...これだけは仕方ない。


h y u n j i n .
h y u n j i n .
ん~いいけど、ひとつ言うこと聞いてよ 笑
Y o u .
Y o u .
え、...わかった、聞くから見せて ...
h y u n j i n .
h y u n j i n .
よし、なら今日一緒に帰ろう 笑





え?一緒に...


一緒に帰る....!?






next.