無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
202
2022/01/10

第5話

あの日始まった物語(2020.10.9)
(今回のお祝いは俺からの切実な思いを表す手紙でかきます、)
悠くんへ






まず、誕生日おめでとうございます、素敵な一年にしてくださいね



僕は、悠くんにあってから、人生が変わった、辛い時、悲しい時、死にたいとき、悠くんの曲を聞くと泣けそうになって、嬉しくて、生きる意味が分かって、ありがとうと思えました、だから、悠くんは命の恩人とも言えます、そして、歌みたのアトラクトライト、泣いただけでは無いです、感謝の気持ちもいつも以上に感じれて、いつもより、推せた、生きる意味がわかった、

セリフで、悠くんの辛さが、これまでのことが、分かれた、僕も同じ経験をしたからわかる、辛かったし、苦しかった、だけど、悠くんに、いれいすに、出会えたから、今も生きて入れる、




いれいす

いれいすはろくにんでいれいすなんです、だから、
「自分はみんなとは不釣合い(字違うかも、、、)なんじゃないか、、、」
とか
「自分がいない方がいれいすは伸びる、、、」
って思っちゃダメです、いれいすの黒、黄色担当は悠くんしか居ないんです、だって、いれいすは今の6人でいれいすですから、
あと、最年長だから、って頼らないのはダメですよ?迷惑とかないから、好きなだけ頼ったって、みんなは嫌だとは1ミリも思わないはずです、だって、一緒に活動してるメンバーだから、メンバーのこと好きだから、それに、弱音吐いたって、わがまま言ったって、あにきっずはもちろん、メンバーは、悠くんのことを嫌いになることは無いです、だって、悠くんのこと、好きだから、、、。

最後に、生まれてきてくれてありがとうございます、それに、いれいすに入ってくれてありがとうございますそして、もう一度言います、、誕生日おめでとうございます




莉玖より