第7話

怒らせてしまった…。
るぅと
るぅと
え?まだまだこれからですよ♡
ころん
ころん
え…?
ころん
ころん
待って!るぅとくん、ほんとに!
るぅと
るぅと
急にどうしたんですか?
ころん
ころん
だって、『まだまだこれから』って何するか知らないけど
ころん
ころん
男の人が男の人の中に入れるっておかしくない?
るぅと
るぅと
おかしくありませんよ♡
ころん
ころん
絶対におかしいからぁ!
るぅと
るぅと
大丈夫ですよ
るぅと
るぅと
ゆっくり入れるから安心してください
ころん
ころん
やだ!絶対やだ!なんで僕がるぅとくんにこんな事されなきゃいけないの?僕はるぅとくんのことをそういう風に見てないし…。
ころん
ころん
ちょ、意味わかんないよ。まじで。
ころん
ころん
ほんとに今日るぅとくん変だよ。もう、あっち行って!!
ころん
ころん
(…はっ!今、僕なんてことを)
るぅと
るぅと
……僕のことが嫌いなんですか?
ころん
ころん
ち……違う!そ、そんなことない!
るぅと
るぅと
じゃあ、なんでそんなに嫌がるんですか
るぅと
るぅと
確かに、僕が強引に襲ったのはおかしいかも知れません。
るぅと
るぅと
でも、そこまで言う必要なくないですか…。
ころん
ころん
……………っ、ごめん
ころん
ころん
僕も言いすぎた…。
ころん
ころん
でも、僕はるぅとくんとそんなことは、したく…ない…
るぅと
るぅと
そうですか。
るぅと
るぅと
僕は、ころん先生のことが好きです。
るぅと
るぅと
でも、これだけは言わせてください。
るぅと
るぅと
さようなら。
るぅとはお風呂を上がった。
ころん
ころん
あ…、るぅ…、とく…グズッ
ころん
ころん
(あれ、僕なんで泣いてるんだろう。)
ころんは涙が止まらなかった。
ころん
ころん
(るぅとくんを怒らせてしまった)
ころん
ころん
(僕があんなこと言わなければこんなことにならなかったのかな…)
ころん
ころん
(もうホントに意味わかんないよ…)






その頃るぅとは
るぅと
るぅと
(あぁ…。何言ってるんですか!僕!)
るぅと
るぅと
(あれだけひどいこと言い返しておいて、好きだなんてふざけてますよね…。)
るぅと
るぅと
(まず、ころん先生を好きになった僕がおかしいのかな…。)
るぅと
るぅと
(謝った方がいいのかな。でもあれは…ころん先生が…。ころん先生…が、)
人のせいにしてしまう自分が情けない。るぅとはそう思った
るぅと
るぅと
みんなには悪いけど…。今日はもう帰ろうかな。









7話に続く。