第5話

〘30分前〙〜先輩〜
273
2021/06/22 10:17
あなた

よし!!

今日からはメイド!!!!
言葉使いも気をつけなくっちゃ!
あなた

し、失礼しまーす

恐る恐る、先輩メイドさんがいる部屋へ
愛奈先輩
初めまして!
愛奈先輩
あなたが新人メイドね!
と、明るい声があがった
茶髪で毛先は紫のストレートヘアーのひとだ
美葉先輩
ちょっと愛奈、ちゃんと名前を言ってからだよ
と、もう一人の先輩らしき人が言った
落ち着いている彼女は髪色はピンク、ポニーテールの人で、メガネをかけていた
隣の先輩?とは対照的な人だった
愛奈先輩
あ、そうだった……私は佐藤愛奈さとうまなだよ〜
愛奈先輩
ここではメイド長?まぁ、仕切る人だね〜よろしく〜
愛奈先輩
『まなっち』とか、『愛奈ちゃん先輩』って呼んでね〜
えっと……なんと言うか……
明るい人だ
取りあえず私はペコリとお辞儀をした
美葉先輩
そして私は伊藤美葉いとうみはです
美葉先輩
私はここでのメイド長って言うところかしら?
美葉先輩
まぁ、ここで指示を出す役目……ってところかしら?
愛奈先輩
も〜みーちゃん肩苦しいよ〜?
“みーちゃん”こと、美葉先輩は『それは後にして……』と愛奈先輩を振り払って、
美葉先輩
あの有名な宇留志家の子よね!?
と、興奮気味に私の手を握ってきた
あなた

あ……はい……でも……

愛奈先輩
でも?
あなた

私はそんな才能無いんです

美葉先輩
え?そうなの?
あなた

はい……

あなた

私、お父様とお母様に小さい頃からずっとメイドとしての才能がないと
言われていて……

あなた

でも、そんな私をお父様とお母様は愛してくれました

あなた

なので、ここでメイドとして頑張って見たいんです!

あなた

こんな私ですが、よろしくお願いします!

私は勢いよく頭を下げ、
そして頭をあげると……
愛奈先輩
うう……(泣)
美葉先輩
いい子だね……(泣)
二人は泣いていた
あなた

え?えぇっ!

少し動揺したが、こんな反応されるとは思ってもいなかった
あなた

大丈夫ですか!?先輩方!

そして美葉先輩は人差し指で涙を拭って
美葉先輩
よーし、じゃあこれからしっかりとこの子を育てて行かないとね!
愛奈先輩
そうそう
あなた

あの……先輩方?

あなた

私はそんな才能無いんですが……

そう言うと先輩達は
美葉先輩
何言ってんの、お父さんとお母さんに成長した姿を見せないと!
と言って、ある場所へと連れて行かれた……
愛奈先輩
よーし頑張るぞー
と、愛奈先輩は……いや、“まなっち先輩”は
何故か張り切っていた
〜移動中〜(ハヤクナイヨネ?By作者)
先輩達に連れられていると、ある事が頭をよぎった
あなた

……そう言えば美葉先輩、

美葉先輩
ん?
あなた

さっき、指示を出す人?とかって言ったんですけど
正確に役目って決まってるんですか?

美葉先輩
あぁ……
美葉先輩
それはね……
美葉先輩
……メイドの年上で、ちゃんと働いている人が私達だけなのよ
あなた

……?

私は頭の中がハテナでいっぱいだった
愛奈先輩
……メイドが少ないってことかな?
美葉先輩
えぇ、そうね旦那様はほぼ家に居ないし、奥様は……
美葉先輩はそこで会話が途切れていたけどまなっち先輩が話を進めてくれた。
愛奈先輩
まあ、メイドが私たち二人だけなんだよー
愛奈先輩
唯一家にいるのはあなたちゃんと同い年のるぅと王子……かな?
あなた

そう……なんですか

そう、まなっち先輩が教えてくれた
美葉先輩
さぁ、二人ともそうこうしている内についたわよ
愛奈先輩
ふふっ
と、まなっち先輩が笑うと
美葉先輩
ここよ!
あなた

えっと……?

大きな青い扉があり、そこには『メイド室』と書いてあった
あなた

ここは?

愛奈先輩
ふっふっふっ……
愛奈先輩
ここはだね、あなたちゃんと私達の控え室だよ
美葉先輩
じゃあまずは形から入らなきゃね
そう言われて美葉先輩の手には可愛らしいメイド服があり…
あなた

え?えぇっ!

拝啓、最愛なるお父様、お母様
私は今、メイドの先輩方が私を育ててくれようとしています。
でも、メイド服って可愛いのがいいのかな……?
--------キリトリ線--------
さくーしゃ
さくーしゃ
みっなさーん
さくーしゃ
さくーしゃ
元気ですか?
さくーしゃ
さくーしゃ
作者は今、秋休み中なのですが、
さくーしゃ
さくーしゃ
コレ見てくださいよ!
さくーしゃ
さくーしゃ
🌟4、❤2、👁️‍🗨️  124
さくーしゃ
さくーしゃ
と、ありがとうございます!
さくーしゃ
さくーしゃ
今回は頑張って、1500文字超えました!
さくーしゃ
さくーしゃ
……(語彙力ねぇな私)
さくーしゃ
さくーしゃ
い、以上です!
さくーしゃ
さくーしゃ
スクロールお疲れ様です
さくーしゃ
さくーしゃ
今回もありがとうございました!
さくーしゃ
さくーしゃ
また次回!
追伸、吹き出しと髪の色一致してない件についてww

プリ小説オーディオドラマ