無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

305
2021/09/29

第5話

5話
キレメ  アスカルト
キレメ アスカルト
おい!聞いているのか!
あいつは、何も答えないから、怒鳴った
レアン  アスカルト
レアン アスカルト
すみません
レアン  アスカルト
レアン アスカルト
熱があったので、すぐ起きれませんでしたわ
キレメ  アスカルト
キレメ アスカルト
っ!
正直驚いた
あんなにおどおどしていたのにもかかわらず
こんなことを言えるなんて、と
まるで、いままで隠しているか、何かに縛られないとあんなに性格は変わらないのだが
、、、
キレメ  アスカルト
キレメ アスカルト
そ、そうか
少し、令嬢としての意識をもったのだろうか
レアン  アスカルト
レアン アスカルト
まだ何かありますか?(^^)
キレメ  アスカルト
キレメ アスカルト
何もない。失礼する
出ていき、ドアによりかかる
なぜ、あんなに性格が変わるのだろうか、
俺は、少しあいつの未来が楽しみになった
メイド
メイド
公爵様がお呼びです
キレメ  アスカルト
キレメ アスカルト
分かった
おれは、父親のいる部屋へと向かう
ビレアと合流した
キレメ  アスカルト
キレメ アスカルト
ビレアか、
ビレア アスカルト
ビレア アスカルト
あ、兄さんじゃーん!
ビレア アスカルト
ビレア アスカルト
やほー
レアン  アスカルト
レアン アスカルト
....
ビレア アスカルト
ビレア アスカルト
うわ、
キレメ  アスカルト
キレメ アスカルト
レアン、どうした、元気ないな
レアン  アスカルト
レアン アスカルト
いえ、普通ですよ
レアン  アスカルト
レアン アスカルト
どうしたんですか?
レアン  アスカルト
レアン アスカルト
いつもこんなこと言わないのですけど、、
ビレア アスカルト
ビレア アスカルト
お前、、、
ビレアが怒りで震えている
だが、俺がそういうことをしていたのが事実だ
無言で歩いて行く
ビレア アスカルト
ビレア アスカルト
なぁなぁ!
キレメ  アスカルト
キレメ アスカルト
なんだ?
俺とビレアで世間話をしていた
レアン  アスカルト
レアン アスカルト
ねぇ
キレメ  アスカルト
キレメ アスカルト
どう
レアン  アスカルト
レアン アスカルト
ミレン
どうしたといいかけだった
確かに無理はたくさんしてきていた
でも、レアンは諦めずにずっと話かけてきていた
なのに、、
ミレン   キラウダー
ミレン キラウダー
何でしょう!
レアン  アスカルト
レアン アスカルト
あのね
メイドと2人で話始めた
ビレア アスカルト
ビレア アスカルト
どうしたんだ?
キレメ  アスカルト
キレメ アスカルト
何でもない