無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

370
2021/09/29

第3話

3話
俺は、キレメ アスカルト
アスカルト家の長男だ
レアンが高熱を出した、
あんなやつそのまま死んでしまえ、と思うのも仕方ない
あいつは、幼い頃に養子として預かったあいつがいた所はブスカルという、この世界で一番治安が悪い所だ
父親があいつを養子としてもらった訳は、おそらく、顔と娘が必要だったからだろう
そしてあいつは、家族全員気に入っていた子に、怪我をさせた
もしかしたら、自分は、いじめられているのに、可愛がられているのに嫉妬したのだろう
そんなことを考えていたら父親に呼ばれた
キレメ  アスカルト
キレメ アスカルト
何でしょう、お父様
父親の顔は、俺がいうのもなんだが、かなりイケメンだ
歳をとることを知らない
アスロ アスカルト
アスロ アスカルト
レアンを起こしてこい
キレメ  アスカルト
キレメ アスカルト
え、、
俺が驚くのも仕方ないあんなやつをおこしたくない
キレメ  アスカルト
キレメ アスカルト
は、はい
俺は、部屋を出た
イライラしながら
キレメ  アスカルト
キレメ アスカルト
おい、
キレメ  アスカルト
キレメ アスカルト
起きろ
レアンはすぐに起きた
レアン  アスカルト
レアン アスカルト
何でしょうか、
何でしょうか、、だと?
俺が、起こしてやったのにもかかわらず、
何でしょうか?
キレメ  アスカルト
キレメ アスカルト
くそっ!
聞こえないぐらいに呟く
キレメ  アスカルト
キレメ アスカルト
いつまでねてるつもりだ、!
レアン  アスカルト
レアン アスカルト
す、すみません
びくっ!と肩が揺れた
そういう俺が悪い感を出してくる所も嫌いだ
おどおどおどおど!
そういう所が嫌いだ!
キレメ  アスカルト
キレメ アスカルト
もう熱はないのか!