第76話

最終話
686
2021/10/31 10:21
大戦が終わった



















もう、夜は怖くない












これで、終わり


























「...コンコン」
産屋敷 かなめ
ごめんください
神崎アオイ
はい!
神崎アオイ
かなめ様でしたか
毎日ご苦労様です
神崎アオイ
どうぞ入って下さい
産屋敷 かなめ
はい、お邪魔します
いつもは静かな蝶屋敷が、少し賑わっているように感じた



大戦から帰還した隊士達は決して無事と言える帰還ではなく、皆痛々しい傷を負った
その治療のため、多くの隊士が蝶屋敷にいた

しかし、


生き残れたこと
友の意志を紡いだこと
約束を果たしたこと

もう、怯えることはないということに例えることが出来ないほどの嬉しさで感涙した

明日を明後日を来週を、と
ただ生き続けるのではなく

明日昨日今日をただ暮らす

そんな平凡を取り戻した私たちは、同じ空間で同じ気持ちを共有しあっていた
産屋敷 かなめ
皆さん、かなり落ち着いてきましたね
神崎アオイ
えぇ、騒がしいのに変わりはありませんが、その騒がしいの意味が一変しました
産屋敷 かなめ
そうですね(ニコッ
神崎アオイ
...かなめ様はお変わりがないようで安心です
産屋敷 かなめ
..何か悪意を含んでいませんか?
神崎アオイ
そんなことはありません
私は毎日蝶屋敷に来ては、大使の皆さんに顔を出しています
ちょっとした近況報告や世間話
他愛もないことばかり話しています

少しでも皆さんの心が休まれば..と言う思いもありますが、それは建前で、本音を言うとただ私がおしゃべりしたいだけかもしれませんけども
竈門炭治郎
あっ、かなめさーん!
産屋敷 かなめ
炭治郎さん
体調はどうですか?
竈門炭治郎
もうすっかり元気です!
左腕と右目は相変わらずですけど..💧
我妻善逸
ぅう、でも、炭治郎が生ぎでで良がっだよぉぉぉ〜
嘴平伊之助
権八郎!炭治郎!
賢太郎!三治郎!
産屋敷 かなめ
(正解率4分の1..!!)
やはり、このお部屋が1番賑やかです
彼らは階級や経験値としてはまだまだでも、それぞれが確実に成長した隊士の1人でしょう
栗花落 カナヲ
ぁ、かなめ、来てたんだね
産屋敷 かなめ
うん
カナヲも元気そうで何よりだよ
胡蝶様がお空に行ってしまわれてから、この蝶屋敷の権利は、アオイさんやカナヲが継いだそうです

他の柱の皆様の御屋敷も、解体したり、身寄りのない子供たちのための施設に作り替えたり、また誰かが住んでくださるように保存しておいたり、と、本人のご意思通りに手配しています

また、皆様の遺品等はこちらで1度全て回収し、少しずつ御家族や大切な方へお渡ししています。こちらも、本人のご意思に従っております
栗花落 カナヲ
そう言えば、鬼殺隊ってどうなるの..?
産屋敷 かなめ
...それは今日決まるよ
産屋敷 かなめ
今日来たのは、いつもの用事に加えて、冨岡様と不死川様を本部へお連れするためなの
竈門炭治郎
ということは..柱合会議ですか?
産屋敷 かなめ
そうです
産屋敷 かなめ
恐らく、最後の
我妻善逸
最後、かぁ..
産屋敷 かなめ
まだ未決定事項ですけども
竈門炭治郎
そうか..これからのこと、どんどん決めていかないといけないんですよね..
産屋敷 かなめ
ですが、本日の夕刻までには手紙をお送りしますので、これからのことは全てそこに記載しておきますね
嘴平伊之助
俺様は全国の山を制覇し、最強の山の王になるがな!!!((ガハハハハハ!!
産屋敷 かなめ
伊之助さんらしいです(ニコッ










あの後、私は冨岡様と不死川様の元へと向かった
柱で生き残ったのはたった2人

皆が苦しい時、柱として皆の光となり続けてくださいました



軽くご挨拶をした後、私は本題をお伝えしました
「御館様から、お2人をお連れするよう命を授かっています」
と、比較的落ち着いた声で伝えた

お2人は"ようやくか"とでも言うように頬を綻ばせながら頷いた



┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈




ー本部・産屋敷邸ー
産屋敷輝利哉
来てくれてありがとう
産屋敷輝利哉
今日が最後の柱合会議だ
御館様は笑顔を絶やすことなく、"最後"と言う言葉を告げた

昨日の話し合いでは、まだこの柱合会議を最後にするのかは決まっていませんでした
しかし、御館様は迷って..たくさん迷って、この答えを自分で導き出した
産屋敷輝利哉
鬼殺隊は今日で解散する
簡潔に述べられた短文には、御館様の思いがたくさん隠されているように思えた

その言葉に、お2人は2文字の言葉で応えた
不死川実弥
御意
冨岡義勇
御意
表情や雰囲気は変わらぬままですが、彼らの言葉は穏やかでした
産屋敷かなた
長きに渡り身命を賭して
産屋敷くいな
世の為人の為に戦って戴き尽くして戴いたこと
産屋敷輝利哉
産屋敷家一同
心より感謝を申し上げます
額を畳に付け、込み上げる思いを押さえ込みながらお礼を申し上げた
冨岡義勇
頭を上げてくださいませ!!
不死川実弥
礼など必要御座いません!!
産屋敷輝利哉
..ッ、
ありがとうございます..っ
安心しきったのか、3人の目からはボロボロと涙が零れ落ちた
産屋敷 かなめ
御館様、少しお時間を頂いてよろしいでしょうか
産屋敷輝利哉
は、はいっ、どうぞ..ッ (グスッ
産屋敷 かなめ
では、冨岡様,不死川様
お2人に耀哉様から伝言を預かっておりますので、僭越ながら私の口から伝えさせて頂きます
冨岡義勇
.....
不死川実弥
はい、お願いします
兄様は、戦いが終わったら柱の方々に伝えて欲しいと私にお言葉を預けてくださった
産屋敷 かなめ
"みんな、大戦を生き残ってくれてありがとう。柱として、みんなを引っ張ってくれてありがとう。私たち鬼殺隊は政府公認ではないから、多くの人からの支持や評価は求められない。けれど、毎日諦めずに大切な命を守ってくれてありがとう。
たくさんの感謝の意を君たちに送るよ。
産屋敷 かなめ
よく頑張ったね
ゆっくり休んでね"
不死川実弥
ッ...御意
冨岡義勇
..御意
皆、思いは同じなのです

しかし、その感情の表れ方は人それぞれ



今にもこぼれ落ちてしまいそうな涙を必死に涙腺に留める
幼子のように声を荒らげたい気持ちでいっぱいでも、成長を示すように声を押し殺す
溢れ出る涙の止め方なんて知らない彼女達は、必死になって気持ちの整理をつけている

みんな、同じ気持ちです
もちろん、私もです

ですが、私は泣きません
もちろん、込み上げる思いは嬉しさで、涙だって溢れそうです
でも、たとえ夜が守られても、私には守るものがたくさんあります
それに、託されたものだって

ですから、私はただ..
産屋敷 かなめ
            畢生、笑いたい              
........................................................................................


















「....パタン」
ㅤㅤ
はい、おしまい
ㅤㅤ
ねぇねぇっ、鬼や鬼狩り様って本当にいたの?
ㅤㅤ
うん、みんなにはあまり知られてなかったけれど、確かに存在したのよ
ㅤㅤ
かっこいいね、鬼狩り様って!
影で戦うヒーローみたいで素敵!
ㅤㅤ
そうね (ニコッ







そう、これが
産屋敷家の剣士のお話







【終】

プリ小説オーディオドラマ