無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

896
2020/09/20

第11話

探り合いの時間
~あなたside〜

電話をしながら途中で彩がこっちに来たのがわかった。

話の内容が聞こえないようにできるだけ声を潜めて話したけど大丈夫だったかな?


_清水@シミズ_(なまえ)
清水シミズあなた
彩?
_清水@シミズ_(なまえ)
清水シミズあなた
探しに来てくれたんだ!
私は電話を終えて彩の方に行き、彩がいた事を今気がついたような態度をとった。
_清水@シミズ_(なまえ)
清水シミズあなた
ごめん、またKZ会議に遅れちゃった。
立花彩
立花彩
大丈夫だよ!
立花彩
立花彩
それより、電話してたみたいだけど、誰からだったの?
_清水@シミズ_(なまえ)
清水シミズあなた
中学の時の友達から
私は電話の相手を言ってからしまったと思った。

本当に口が軽くて嫌になる。
立花彩
立花彩
そうなんだ
立花彩
立花彩
・・・
立花彩
立花彩
そういえば、あなたってどこの中学行ってたんだっけ?
案の定、彩に質問された。


でもどうせいつかわかる事だしなんとかなるかな。

それに彩の反応を見て、みんなの調査がどこまで進んでるかも分かるかも。
_清水@シミズ_(なまえ)
清水シミズあなた
椚ヶ丘中学校だよー
立花彩
立花彩
そっか
立花彩
立花彩
・・・
立花彩
立花彩
そこって今私たちが調べている事件が起きた学校だよね?
立花彩
立花彩
あなたは何か知ってる?
私は彩の反応を見て確信した。

もう私の中学は知られているということを。
_清水@シミズ_(なまえ)
清水シミズあなた
私もニュースを見て初めて知ったから、よく知らないんだ
立花彩
立花彩
…そうなんだ
わかっていたことだけど、彩に嘘をつくのは心が痛むな…



でも、嘘をつくなら徹底的にやろう!

あの時のカエデみたいに…

情報は表情、しぐさ、行動、発言などたくさんのことから得られる。

逆に、自分の行動全てが相手に情報を与えることになる。

これはあの教室でビッチ先生に教わったこと。



……偉そうなこと思ってるけど、これ、口が軽かったらあんまり意味ないんだよね。

直さないとなー






私のこの時の気持ちは、彩達に嘘をついてしまうっていう罪悪感よりも、彩達を巻き込んではいけないっていう気持ちの方が強かった。




























~彩side〜

電話が終わっていたらしいあなたがこっちに向かってきた。


私は少し迷ったけど、電話している相手を聞いてみることにした。

立花彩
立花彩
それより、電話してたみたいだけど、誰からだったの?
_清水@シミズ_(なまえ)
清水シミズあなた
中学の時の友達から
中学の友達…か

中学のこと聞いてみたらなんて答えるかな?

本当に椚ヶ丘中学校なのかってことの確認にもなるし、聞いてみよう!
立花彩
立花彩
そういえば、あなたってどこの中学行ってたんだっけ?
_清水@シミズ_(なまえ)
清水シミズあなた
椚ヶ丘中学校だよー
あ、やっぱりホントだったんだ。


どうしよう。

聞くなら今のタイミングが1番だよね…

私も少しはKZの役に立ちたいし!




よし、もう少し突っ込んで聞いてみよう。
立花彩
立花彩
そこって今私たちが調べている事件が起きた学校だよね?
立花彩
立花彩
あなたは何か知ってる?
_清水@シミズ_(なまえ)
清水シミズあなた
私もニュースを見て初めて知ったから、よく知らないんだ
そっかー、やっぱりあなたは無関係なのかな…

でも、なんかはぐらかされたって感じもするんだよねー












そんなことを歩きながら話している間に、みんなのいるカフェテリアに着く。

みんなが座ってこっちを見ているのに気づき、私たちはみんなの場所まで急いだ。