無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

995
2020/08/29

第13話

作戦開始の時間
〜あなたside〜

私は今、カエデ達との待ち合わせの場所に向かって歩いているんだけど、

やっぱり誰かにつけられている。

人数は多分5人。

殺気は感じないから襲ってくるとかじゃないと思うけど、結構上手につけてくる。




いつもなら彩が一緒に帰ろうって言ってくる。

でも今日は何も言わなかったから、おかしいなって思っていた。



そして、この今の状況を考えると…


やっぱりつけて来てるのはKZのみんなだろう。

問題はどうやってまくか。



そこで私は久しぶりに律に頼ることにした。
_清水@シミズ_(なまえ)
清水シミズあなた
律、久しぶり、今大丈夫?
私は電話をしているかのように、スマホを耳に当てて律を呼び出した。
自律思考固定砲台『律』
自律思考固定砲台『律』
はい!お久しぶりです!あなたさん
_清水@シミズ_(なまえ)
清水シミズあなた
早速だけどここから○○公園まで、できるだけ遠回りで複雑になるように行きたいから、道案内頼める?
自律思考固定砲台『律』
自律思考固定砲台『律』
了解です!まず次の角を左に曲がってください
_清水@シミズ_(なまえ)
清水シミズあなた
了解
私は律の指示どうり動いて、遠回りしながら待ち合わせの公園まで行った。

途中でついてくる気配が無くなったから、多分見失ったんだろう。









公園に着くと、カエデがいるのを見つけた。
_清水@シミズ_(なまえ)
清水シミズあなた
カエデ!
_清水@シミズ_(なまえ)
清水シミズあなた
ごめん、待った?
茅野カエデ
茅野カエデ
大丈夫だよ、私もさっき来たばっかり
茅野カエデ
茅野カエデ
これ、あなたに頼まれてたもの
そう言って紙袋を渡される。
_清水@シミズ_(なまえ)
清水シミズあなた
うん!ありがとう!!
中身は、私の超体育着と、ナイフと麻酔銃、奥田さんが作ってくれたガスなど。
茅野カエデ
茅野カエデ
渚達ももうすぐ来るって
_清水@シミズ_(なまえ)
清水シミズあなた
わかった、じゃあちょっと待ってて
_清水@シミズ_(なまえ)
清水シミズあなた
あと、カエデは早めに公園から出といてね
この公園に来てから、こっちを隠れて見ている人たちがいることに気づいていた。

まさか上手く尾行をまけなかったのかな、

もしくは、偶然か。

私が尾行をまいたところから、この公園は結構近い。


…多分隠れてるのはKZのみんな。



カエデと目が合って、頷くのがわかった。

私はそのままトイレに向かう。

今まで着てた服は、紙袋の中に入れてトイレの裏の茂みに隠しておくことにした。

ちょっと嫌だったけど、後で取りに来れば大丈夫だよね…



着替え終わって私もこのまま去ろうとした時、耳につけていた通信機からカルマの声が聞こえてきた。
赤羽業
赤羽業
あなた、聞こえる?
_清水@シミズ_(なまえ)
清水シミズあなた
うん、結局来たんだ
赤羽業
赤羽業
まーね〜
_清水@シミズ_(なまえ)
清水シミズあなた
今どこにいる?
赤羽業
赤羽業
渚と公園の近くの屋根にいるんだけどさ、
赤羽業
赤羽業
公園の木の影と近くの茂みに人がいるよね?
赤羽業
赤羽業
これ、あなたの知り合い?
_清水@シミズ_(なまえ)
清水シミズあなた
多分ね
_清水@シミズ_(なまえ)
清水シミズあなた
大丈夫、作戦に影響はないと思う
_清水@シミズ_(なまえ)
清水シミズあなた
このまま作戦を続けるから、カルマも渚と移動して
赤羽業
赤羽業
りょーかい
私はトイレの反対側にあった窓から外に出て、公園の柵を越えてすぐ下の道路に飛び下りる。

そのまま近くの家の屋根に上がり、目的地を目指した。




















この時の私には気づけなかった。



私たちのことを見ていたのは、KZのみんなだけではなかったということに…