無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

750
2021/04/20

第23話

沈む気持ちは知っている
若武和臣
若武和臣
諸君、それではKZ会議を始める!
そう言った若武の言葉に少し違和感を感じた。

そうだ、いつもは絶対カッコつけて“KZ6”とか言うのに、今日は“KZ会議”と言ったんだ…

まさか、今回のことであなたが除名とかないよね!?

それだけは何としても阻止しないと!


それにしても、昨日あんなことがあったのに、若武のこの自信満々な感じはどこから来てるんだろう…





KZ会議はいつも通り塾のカフェテリアを使って行われている。

今ここにいるのは、あなたと小塚くんを除いた、4人。

小塚くんは昨日のことを調べている最中で、終わり次第遅れて来ることになっている。


あなたは…

昨日からずっと連絡が取れてない。

メールしても既読がつかないし、電話も繋がらない。

留守電は入れたけど、やっぱり今日は来なかった。


若武和臣
若武和臣
まず、あーやから

いきなり呼ばれて、私は慌てて昨日まとめたノートを読んだ。
立花彩
立花彩
まず、最初から調べている「謎の超生物事件」ですが、昨日の調査より恐らく清水あなたがこの事件に何かしらの形で関わっていると考えられます
立花彩
立花彩
このことについては本人の話も聞いて、詳しく調べる必要があります
立花彩
立花彩
そこで、この調査に並行して行われていた清水あなたについての調査を先に調べることで、「謎の超生物事件」の解決にも繋がると思います!
そこでみんなの同意を求めてみる。


今までは個人のことに色々首を突っ込んだらダメだって思ってた。


でも、あなたが事件に巻き込まれてるなら、私たちが何とかしないとだよね!


みんなが頷いたのを確認して、話を続ける。
立花彩
立花彩
あなたについての謎は、前にも話した通り3つで、
立花彩
立花彩
1、なぜ中高一貫校なのに、高校は別の学校に通っているのか
2、「謎の超生物事件」とあなたは関係あるのか
3、あなたの両親は本当に事故で亡くなったのか
立花彩
立花彩
このうち、1と3は不明
立花彩
立花彩
2は昨日のことからも何らかの形で関係している、もしくは何かの事件に巻き込まれていると考えられます
立花彩
立花彩
私からは以上です
上杉和典
上杉和典
何らかの形って言うより、もう今回の「謎の超生物事件」の関係者
上杉和典
上杉和典
もっと言うと、その超生物に脅されていたっていう生徒の1人があなたってことでもういいだろ
立花彩
立花彩
え?
黒木貴和
黒木貴和
そうだね、もうそれ以外に考えられない
黒木貴和
黒木貴和
おそらく、昨日あなたを連れて行った人達も同じ元椚ヶ丘中学校の生徒だろう
立花彩
立花彩
そんな…じゃあ、やっぱりあなたは私たちにそれを嘘ついて、隠してたってこと?
立花彩
立花彩
……
立花彩
立花彩
言ってくれれば、良かったのにっ
私は、悲しくなって思わず下を向いた。

なんで、私たちに何も言ってくれなかったんだろう。

そんなに私じゃ頼りなかったのかな…


沈黙が流れる。



それを最初に破ったのは若武だった。
若武和臣
若武和臣
あ゛ーー、もうなんなんだよ、あいつあなたは!
若武和臣
若武和臣
大体からして拳銃なんか、高校生が持てるようなもんじゃないだろ
若武和臣
若武和臣
それに死にたくなかったら調べるなとか意味のわかんねぇこといいやがって
若武和臣
若武和臣
こうなったら、とっ捕まえて白状させてやる!
立花彩
立花彩
え゛
黒木貴和
黒木貴和
まあまあ、落ち着きなよ、若武せんせ
黒木貴和
黒木貴和
どうやら新しい情報が入ったようだ
そう言って黒木くんはカフェテリアの入口を指さした。


そこには、慌てた様子で息を切らしながら入ってきた、小塚くんの姿があった。