無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

958
2021/03/31

第22話

深まる謎は知っている
その後、KZのみんなに送ってもらったおかげで、遅くなってしまったが、怒られるということはなかった。


急いで、お風呂と夕飯を済ませ、予習と復習も終わらせる。


早く寝ないと次の日に影響が出てしまうが、今日のことが頭から離れず、寝れる気がしなかった。


仕方なく、私は事件ノートを開き、今日のことを1からまとめてみることにした。






ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー





数時間前………


さっきまで動いていた人影はあっという間にあなたを連れていなくなっていた。



小塚和彦
小塚和彦
みんな、これ見て
私の横にいたはずの小塚くんがいつの間にかいなくなっている。


何かを見つけたようで、みんながそれに反応した。
若武和臣
若武和臣
ナイフ?
小塚くんの手元を覗き込むと、そこにはビニールに入った、緑色のナイフがあった。
小塚和彦
小塚和彦
これ、ゴムでできているみたいだ
小塚和彦
小塚和彦
だから、人間には害はないはず
立花彩
立花彩
なんでそんなものが…
上杉和典
上杉和典
おい、なんか書いてあるぞ
さっきまで暗くて見えなかったが、そう言われてよく見てみると、白色で文字が書かれているのがわかった。
立花彩
立花彩
S.A.A.U.S.O?
立花彩
立花彩
なにかの略称かな?
若武和臣
若武和臣
でもそんな略称聞いたことないぞ
小塚和彦
小塚和彦
それは僕が調べておくよ
小塚和彦
小塚和彦
使われている成分とかも気になるし
小塚くんがそう言ったことで、このナイフのことについての話は終わった。


黒木貴和
黒木貴和
今日はもう帰ろう
黒木貴和
黒木貴和
かなり遅い時間だから
若武和臣
若武和臣
よし!小塚はそのナイフを優先して調べること
若武和臣
若武和臣
あーやは記録をまとめておけ
若武和臣
若武和臣
みんなであーやを送ってから解散!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



ということがあって、今に至る。


私は1から今日のことを思い返しながら、主な出来事と調査状況を的確にまとめた。


終わってから時計を見ると、いつも寝ている時間はとうに過ぎている。


仕方なく私は布団に入るが、思っていた通りなかなか眠ることは出来なかった。


















その頃、とある廃ビルでは………
柳沢誇太郎
柳沢誇太郎
あの様子だと実験は上手くいっているようだな
鷹岡明
鷹岡明
俺はあいつらに復讐がしたいんだ!
鷹岡明
鷹岡明
実験なんざに興味はない
柳沢誇太郎
柳沢誇太郎
わかっているよ
柳沢誇太郎
柳沢誇太郎
もちろん君の復讐する場はきちんと用意してある
柳沢誇太郎
柳沢誇太郎
次は…
柳沢誇太郎
柳沢誇太郎
今日後ろに隠れていた連中が使えそうだな
柳沢誇太郎
柳沢誇太郎
実験は少しでも多くの人に試した方がいい結果になる
柳沢誇太郎
柳沢誇太郎
だからお前が連れてこい
鷹岡明
鷹岡明
それであいつらに復讐できるんだろうな?
柳沢誇太郎
柳沢誇太郎
ああ、もちろんだよ
柳沢誇太郎
柳沢誇太郎
それと君に、復讐が成功するためのアドバイスをあげよう
柳沢誇太郎
柳沢誇太郎
簡単な話だ
柳沢誇太郎
柳沢誇太郎
私の実験に協力すればいい
柳沢誇太郎
柳沢誇太郎
そうすれば私の実験も進むし、お前の復讐も出来る
柳沢誇太郎
柳沢誇太郎
一石二鳥だな
廃ビルに不気味な笑い声が響いた。