無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

960
2020/09/20

第8話

計画の時間
〜あなたside〜



_清水@シミズ_(なまえ)
清水シミズあなた
ごめん!遅れた

私は息を切らしながら、カエデの部屋に入る。


赤羽業
赤羽業
あ、やっと来た〜結構待ったんだけどー?
潮田渚
潮田渚
もう、カルマは大げさすぎ、僕達もさっき来たばっかじゃん
あ、この流れ、KZ会議でも似たようなことやったな。



茅野カエデ
茅野カエデ
あなたは今日、探偵チームKZ?の集まりがあったんだよね?
_清水@シミズ_(なまえ)
清水シミズあなた
うん、そうだよ
茅野カエデ
茅野カエデ
楽しそうでいいなー
_清水@シミズ_(なまえ)
清水シミズあなた
・・・
潮田渚
潮田渚
あれ?どうかしたの?
_清水@シミズ_(なまえ)
清水シミズあなた
その事なんだけど…
_清水@シミズ_(なまえ)
清水シミズあなた
実は次の事件として…中3の時のあのニュースのことを詳しく調べることになっちゃって…

私はいつもの場所に座りながら、さっきあった出来事について話した。
茅野カエデ
茅野カエデ
え?!
茅野カエデ
茅野カエデ
あのニュースって、殺せんせーの?
_清水@シミズ_(なまえ)
清水シミズあなた
うん…
_清水@シミズ_(なまえ)
清水シミズあなた
反対はしたんだけど、多数決できまっちゃって
潮田渚
潮田渚
そうだったんだ…
赤羽業
赤羽業
…それで?どーすんの?
_清水@シミズ_(なまえ)
清水シミズあなた
うーん、とりあいず次の集合ではニュースでも言ってたことを言うつもり
_清水@シミズ_(なまえ)
清水シミズあなた
でも多分私のことも怪しまれてると思うんだよねー
_清水@シミズ_(なまえ)
清水シミズあなた
私、今まで自分のこと一切話さないようにしてたし
_清水@シミズ_(なまえ)
清水シミズあなた
今日の私、多分変だったから…
赤羽業
赤羽業
へ〜、じゃあ、バレるのも時間の問題だね〜…
そう…なんだよね…
もし、バレたらどうなっちゃうんだろ…

茅野カエデ
茅野カエデ
大丈夫だよ!
茅野カエデ
茅野カエデ
私、あなたの通ってる塾から家近いし、何かあったら呼んでね!
茅野カエデ
茅野カエデ
直ぐに行くから!
_清水@シミズ_(なまえ)
清水シミズあなた
うん!ありがとう!
笑って元気づけてくれるカエデに、私も笑顔でそう返した。





















潮田渚
潮田渚
えっと、それで今日の本題なんだけど、
潮田渚
潮田渚
次の依頼ターゲットはこの人だって
そう言って渚は写真を私たちに見せた。








ちなみにいつも渚が依頼を受けて説明をしてくれ、私たちが作戦を立てる。



潮田渚
潮田渚
この人は、何人もの人を殺害して今も逃走中
潮田渚
潮田渚
国が手におえなくなって、僕達に依頼が来た、ってとこまではいつも通りなんだけど…
潮田渚
潮田渚
僕達に依頼が来た理由はもうひとつあって



そう言ってから渚は言葉を選ぶように、少し間をおいた。






潮田渚
潮田渚
実はその殺害された人は全員、殺せんせーの暗殺に関わっていた人達らしいんだ
茅野、業、あなた
!!
潮田渚
潮田渚
それに、どうやら今回の依頼ターゲットが全部一人で行ってた訳じゃなくて、裏で指示してる人物がいるみたい
茅野カエデ
茅野カエデ
じゃあ、今回のを解決しても根本的な解決にはならないってことかー
_清水@シミズ_(なまえ)
清水シミズあなた
そもそも、殺せんせーの暗殺に関わってるのなら私達も対象だったりするのかな
潮田渚
潮田渚
一応、元E組の人たちには注意するように烏間先生が言ってくれてるみたい
潮田渚
潮田渚
とりあえず裏で指示を出している人達のことは、烏間先生が調べてくれてるみたいだから
潮田渚
潮田渚
僕らは今回の依頼ターゲットに集中して大丈夫だと思う
潮田渚
潮田渚
それで決行日は今週の水曜日の夜
潮田渚
潮田渚
今日は日曜日だから3日後だね
潮田渚
潮田渚
その日がちょうどターゲットが1人になる時間が多いらしい
赤羽業
赤羽業
りょーかい
赤羽業
赤羽業
じゃあさ、作戦プランなんだけど、今回こんなのがいいと思うんだ〜

カルマは面白そうに作戦プランについて話し始めた。

いつも、そういうことになると天才的なことを思いつく。






私たちはそれから、いくつもの計画プランを立てた。

もちろん失敗した場合も考えた。


これで完璧だと思った時、私は肝心なことを思い出した。






_清水@シミズ_(なまえ)
清水シミズあなた
そういえば次の水曜日って塾のある日だ!
茅野カエデ
茅野カエデ
でも、夕方には終わるんだよね?
_清水@シミズ_(なまえ)
清水シミズあなた
そうなんだけど…
茅野カエデ
茅野カエデ
あっ、もしかしてKZの集合があるの?
_清水@シミズ_(なまえ)
清水シミズあなた
うん、そうなんだよねー
_清水@シミズ_(なまえ)
清水シミズあなた
結構遅くなることもあるし、間に合うかな

待ち合わせは、22時にターゲットの家の近くにある公園。

塾からはそんなに距離はないんだけど、着替えるために1回家に帰らないといけない。





茅野カエデ
茅野カエデ
じゃあさ、私の家に着替えとか、荷物とかを置いとく?
茅野カエデ
茅野カエデ
そうすれば、時間の短縮にもなるだろうし
_清水@シミズ_(なまえ)
清水シミズあなた
え?いいの?
茅野カエデ
茅野カエデ
うん!
_清水@シミズ_(なまえ)
清水シミズあなた
ありがとう!じゃあ今度荷物持っていくね!




あの中学の1年間でいい友達がたくさんできた。


あの頃は毎日が充実してたな…






























あの事件を除けば…




あの事件さえなければ、今はきっと暗殺者なんて続けてなかった。


きっと普通の高校生になっていたと思う。






























そして、今回の依頼が暗殺教室で起こった事件に関係してるなんて、









この時はまだ誰も思いもしなかった。