無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

679
2021/05/29

第24話

新情報は知っている
小塚和彦
小塚和彦
みんな!大変なことがわかったんだ!
小塚和彦
小塚和彦
僕が昨日、回収したゴム製のナイフ、

小塚くんはそこまで一気に話してから、息が持たなかったみたいで、ようやく席に着いてから再び話し始めた。

小塚和彦
小塚和彦
あれは、どこにも売られていないものだった
小塚和彦
小塚和彦
恐らく、どこかで秘密裏に作られたものだと思う
小塚和彦
小塚和彦
それに、ナイフに使われている成分が僕も見たことないようなものだった。
小塚くんも知らないような物質…
小塚和彦
小塚和彦
ナイフに書かれていた文字の意味はまだ分からないけど、それが分かればこの事件の核心も分かるはず
小塚和彦
小塚和彦
とにかく、そんなナイフとか拳銃…とかをあなたが持っているってことは、やっぱりあなたは「謎の超生物事件」の関係者ってことで間違いないと思う

一気に喋った小塚くんは、みんなの反応見て首を傾げる。
小塚和彦
小塚和彦
あれ?もう知ってた感じ?

小塚くんが持ち込んできた情報により、さっきの「あなたが超生物に脅されていた生徒ではないか」という黒木くんと上杉くんの仮説の裏ずけがされてしまった。

そのことにより、その場の空気は微妙な感じになってしまったのだ。


ただ唯一、若武だけは嬉しそうだ。
若武和臣
若武和臣
小塚!よくやった!
若武和臣
若武和臣
これであとは本人をとっ捕まえて、自白させれば事件解決だ!
立花彩
立花彩
それは絶対・・だめ!
立花彩
立花彩
あなたにも何か事情があるはずでしょ
立花彩
立花彩
それに、あなたと連絡が取れないんだから、話の聞きようがないよ
小塚和彦
小塚和彦
うん、僕もそれに賛成
小塚和彦
小塚和彦
とりあいずは、先に椚ヶ丘中学校に聞き込みとかから始めたらどうかな?
黒木貴和
黒木貴和
って、言ってるけど
黒木貴和
黒木貴和
若武先生から、何か報告があるんじゃない?
立花彩
立花彩
え?
みんなの視線が若武に集まる。


若武は「よくぞ聞いてくれた」と言わんばかりの顔だ。


あ、もしかして最初からやけに若武のテンションが高かったのは、何か報告したいことがあったってことか!


それにしても、報告したいことってなんだろう?
若武和臣
若武和臣
注目!
若武和臣
若武和臣
この天才若武の成果により、
若武和臣
若武和臣
盗聴器で会話を録音することに成功した!!
ついに自分で、天才って……


天才詐欺師の間違いでしょ!


って、盗聴器?!


確かにそんなこともあった。


色々なことがありすぎですっかり忘れてた。



……ついに、犯罪者集団KZに…
若武和臣
若武和臣
おい、あーや
若武和臣
若武和臣
もう一度言うが、盗聴器=犯罪者じゃないからな!
若武和臣
若武和臣
では、諸君!
若武和臣
若武和臣
これを聞きたまえ
若武はポケットからスマホを出し、録音を再生できるようにした。
上杉和典
上杉和典
おい、カッコつけてないで早く流せ
今まで珍しく黙って聞いていた上杉くんが、若武の様子に我慢できなくなったのか、口を開いた。


若武は言い返そうとしたが、珍しくなにも言わず、再生ボタンを押した。