珏27芹

🦝
138
2023/04/30 21:41
コンコンコン

パンPD}はい。

ガチャ

パンPDニムとBTS事務局の代表スタッフ数名が出席する会議を開いた。

パンPD}待ってたよ。

BTS/凪紗}失礼しますペコリ

パンPD}座りなさい。

BTS/凪紗}失礼します。

パンPD}その感じだと答えが出たようだね。

RM}はい。

パンPD}凪紗。

凪紗}はい。

パンPD}この1ヶ月間の感想を教えてもらってもいいかい?

凪紗}はい。まずは、1ヶ月間このような貴重な体験をさせていただきありがとうございましたペコリ
私は実力がなく、本当にたくさんの迷惑をおかけしました。それらは精神的にも身体的にもすごく辛くて、辞めたいと思うこともありました。しかし、皆さんと離れたくないという想いも強くなりました。それは皆さんから貰う愛が温かくて、優しかったからです。今まで伝わらなかった想いを素直に受け取っていただけたり、皆さんから伝えられる想いを素直に私が受け取ることができたりと、初めての体験を皆さんがさせてくれたことがとても幸せでした。

パンPD}うん。よく伝わった。

スタッフ}前と顔つきも変わりましたね。

パンPD}より大人な顔つきになったね。

JIN}僕らもこの1ヶ月で初めて体験することが沢山ありました。

J-HOPE}凪紗の感性は本当に豊かで美しいことが知れたり、人を引き寄せる魅力があることも知れました。

JIMIN}今まで感じたことのない感情を引き出されました。

パンPD}ほう。もしかして、あの写真のことかな?

JIMIN}はい。

パンPD}あれは僕も感動したよ。凪紗の表現力の高さに事務局中が大騒ぎしたんだ(笑)

スタッフ}あれは私たちも初めて見ましたね(笑)

パンPD}スタイルやビジュアルがいいだけがアイドルじゃないことがわかったよね。

凪紗}ありがとうございますペコリ

パンPD}さて、凪紗。君の口から結論を教えてくれるかな。

凪紗}はい。防弾少年団は…新しく8人体制で走り出そうと思っています。

パンPD}決めては何かな?

凪紗}一緒に生活してきた中で、私も彼らと共に歩みを揃えたいという気持ちと、今まで誰も到達したことのない世界の頂点を取りたいと思ったからです。

パンPD}うん。素敵な志だね。さて、ナムジュン。リーダーとして君の意見を聞かせてくれ。

RM}はい。私たちとしてもこの決断はとても嬉しいです。防弾少年団の歩みを進めてくれるのは凪紗だという想い、新しい景色を見せることができる自信が私たちにはあります。
リスクはかなり高いです。誰も着いてこないかもしれない不安、サセンによる今までとは比べものにならないほどの被害、事務所への悪影響など光よりも闇の方が今は多いと考えられます。
しかし、私たちには凪紗が必要です。

パンPD}そうか、よくわかった。君たちが本気なのもよく伝わった。

スタッフとパンPDニムがアイコンタクトをとっている。

パンPD}…君たち、よく聞くんだよ。

ゴクッ…

パンPD}絶対に想像以上の事態が予想される。予想している通りサセンによって怪我を負わせられることになるかもしれない。場合によっては…死が関わることがあるかもしれない。つまり、世界を取るということは命をかける必要がある。君たち7人は今まで以上に身の回りの事を気をつけなければいけない。凪紗は長い人生をかけなければいけない。その覚悟はあるかい?

死ぬかもしれない。それは私じゃなくてRMさんやJUNGKOOKさんかもしれない。

自然と体が震えていた。

サスサス…

隣にいるRMさんが背中を摩ってくれた。

RM}はい、その覚悟です。甘くなんて一切見ていません。

パンPD}途中で投げ出すことは許されないよ?

RM}絶対にしません。

パンPD}メンバーに命をかけることはできるかい?

RM}はい。

空気が張りつめていく。どんどんパンPDニムの声はきつくなり、それに伴ってRMさんの声は力強くなっていく。

パンPD}…そうか。凪紗。

凪紗}はい。

パンPD}凪紗はこの7人に命をかけることができるかい?

この7人に…命を…

凪紗}…私がこの7人を守ります。もう二度と…この目で見ません。

パンPD}…そうか。わかった。

スタッフ}パンPDニム…

パンPD}うん。君たちの意志を受け取ろう。

ということは…

パンPD}防弾少年団は…リーダー、RM。

RM}はい!

パンPD}JIN、SUGA、J-HOPE。

JIN/SUGA/J-HOPE}はい!

パンPD}JIMIN、V、JUNGKOOK。

JIMIN/V/JUNGKOOK}はい!

パンPD}そして…凪紗。

凪紗}はい!

パンPD}この8人で6月13日、再びステージに上がりなさい。

BTS}はい!

パチパチパチ!!!

スタッフ}おめでとうございます!

良かったぁ…

凪紗}グス…

V}また泣いてる(笑)

凪紗}ごめんなさい…安心してしまってグス

パンPD}凪紗のこと期待してるからね。頑張るんだよ?ポンポン

凪紗}はい!グス

スタッフ}これからデビューに向けてさらに忙しくなるので覚悟しておいて下さいね!

SUGA}あの、僕らでデビューまでの流れ決めてもいいですか?

スタッフ}と言うと?

SUGA}例えば、凪紗をすぐ公に晒すのではなく予告動画を出すとか、SNSを使って匂わせたりなどなどをしたいです。

スタッフ}大炎上覚悟の上でやるわけですか?(笑)

SUGA}はい(笑)

パンPD}面白いね(笑)好きにやりなさい。

スタッフ}はい。サポートは全力を尽くしますのでやりたいことやっちゃってください!(笑)

JIN}事務所所属のグループには先に話しておいた方がいいですよね?

パンPD}ある程度地盤を固めたら社員含め、所属アイドル全員を集合させてこれからの方針や凪紗のことなどを話すつもりだから、準備しておいて。

JIN}わかりました。

スタッフ}一つ僕からいいですか?

パンPD}どうした?

スタッフ}実を言うと、凪紗さんのことを良く思っていない社員が多数います。社員全員を信じすぎないように気を付けてください。

JUNGKOOK}そんな人がいるんですね…

スタッフ}これまで7人に尽力してきて、それが裏切られたみたいに思っているようです。

凪紗}そんな…嘘…

JUNGKOOK}凪紗…

パンPD}気にするな。

凪紗}え、?

パンPD}サセンと同様、やる人はやってくる。社員採用の時でさえお前ら目当てで来るやつの方が多い。

JIMIN}いますよね、そういう人(笑)

パンPD}そう。どうしてもそういう人はいるもんだ。気にしたところで居なくならない。そこら辺は僕らに任せてなさい。君たちは君たちのことだけに集中しなさい。

JUNGKOOK}パンPDニム達を信じよう、怖くないよナデナデ

凪紗}はい…

スタッフ}採用を一層警戒しなくてはならないですね。

パンPD}うん。君たちのことも信頼してるからな。

スタッフ}はいペコリ

V}僕たちのマネージャーやいつも着いてくれるスタッフさんたちはどうなりますか?

パンPD}ずっと着いてくれているスタッフはそのままに、新しいスタッフに関しては君たちの意見を反映したいのだが。

V}凪紗が安心できる人ならいいんじゃないかな?

凪紗}えっと…私は皆さんがそばにいてくれるなら誰でもいいかな、と。

7人}}凪紗///

パンPD}凪紗のマネージャーはいらない?信頼できる女性がそばにいてくれた方が安心しないか?

凪紗}そっちの方が怖いです。

スタッフ}そうですよね。

パンPD}そっか。なら、元々いる女性陣に頼めばいいかな。

J-HOPE}ヌナ達なら、一緒にいたから大丈夫だね。

凪紗}はい。

パンPD}あと話したいことはあるかい?

凪紗}あ、私家がないです!

All}(爆笑)

V}どういうこと?(笑)

凪紗}私には宿舎しかないので、どうするべきかなと思いまして。

RM}そうだね(笑)

凪紗}もし皆さんがいいのなら、そのまま私が住もうかなとも思うのですが…

パンPD}出費等々はこっちで負担するよ。でも、あの広い家に1人で寂しくない?

凪紗}はい。

パンPD}え、あ、そうか…

JIN}僕らがちょくちょく行くとかでもいいと思いませんか?

凪紗}負担なりませんか?

JIN}僕は大丈夫。

SUGA}俺も大丈夫かな…

パンPD}凪紗を一人にさせるのも良くないし、それでいいんじゃないかな?

凪紗}…わかりました。

パンPD}あとはいいかな?

RM}はい。大丈夫だと思います。

スタッフ}何かあれば電話や事務局に来てくれればいつでも対応します。

パンPD}これからデビューまで一日一日を大切に使いなさい。時間は有限、無駄な時間なんてないからね。

BTS}はい!

パンPD}何度か、このような会議を開くと思うからよろしくね。

BTS}はい!

パンPD}じゃ、解散。お疲れ様。

BTS}ありがとうございましたペコリ

スタッフ}ペコリ

プリ小説オーディオドラマ