無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
320
2021/08/15

第1話

嫌だな___。
深夜0時過ぎ


今日も眠れなくて


眠りたくなくて


電気の付いてない暗い部屋の隅で


私はぼーっと座っていた。


いつも通り。


これがルーティンと化していた。


場所はバラバラで時にはベランダで。


時にはベットで。


カッター片手に物思いにふける。


考えないようにしていたいけど、


どうしても考えてしまう。


あぁ嫌だ


過去にあった嫌なこと、失敗。


この先ある嫌なこと。


眠ると必ずと言っていいほど見てしまう悪夢。


常に付き纏う感情、思考。


やっぱりやってしまうリストカット。


スっ……


カッターで切った傷口から粒状に出る血液


ほんのり熱を帯びジンジンと痛み出す左腕


はぁ……痛い。


そう。腕の痛みはちゃんとある。


なのにやる。


だからやる。


言い表せない胸の痛みを言い表せるようにするため。


生きてるって実感するため。


だってそうじゃん


身体に傷が出来ればそこが痛いからって


そう言える。


身体に傷が出来れば、


痛いと思えれば生きてるって実感できる。


だからする。


辞められるなら辞めたいけど


それが私の「生き方」だから。


まぁ他にも理由はあるんだけどね。


そうやって過ごしながら夜を明かす。