無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

261
2021/08/31

第3話

お昼ごはんとお散歩とお話と
あなた
わぁ
あなた
色々ある〜!
江口拓也
イヒヒッ‪wなんでもいいよ
あなた
江口さんおすすめとかあります?
江口拓也
ん〜カツカレーかな〜
あなた
ん〜私じゃあそれで!
江口拓也
他になんかいる?
あなた
大丈夫です!
江口拓也
おっけー
\ピンポーン/


ボタンを押すとすぐに店員さんが来た。
江口拓也
カツカレーを2つお願いします
店員さん
かしこまりました。
店員さん
ご注文以上でよろしいですか?
江口拓也
はい
店員さん
少々お待ちください。








.
店員さん
おまたせいたしました。
あなた
ありがとうございます
江口拓也
ありがとうございます
あなた
美味しそ〜!
あなた
いただきます!
江口拓也
いただきます。
あなた
んっ!美味しいっ!
江口拓也
良かった
江口さんおすすめのカツカレーはとても美味しかった











食べ終わって外出たヨ
あなた
すみません奢っていただいて……
江口拓也
いいのいいの俺が誘ったんだし
あなた
ご馳走様でした!
江口拓也
うん
江口拓也
ちょっと散歩してから戻ろ
あなた
はい!
私たちは少し散歩して近くの公園のベンチに座った
あなた
それで話したいことってなんですか?
江口拓也
………
あなた
江口さん?
江口拓也
あなたちゃんさ……
あなた
はい……?
江口拓也
あっ、えっと……
あなた
江口拓也
自傷行為……してるの?
あなた
…………え?
江口拓也
あっ、いや
江口拓也
さっき見えちゃったんだよね
江口拓也
手当てしてあったけど傷が少し
あなた
…………
江口拓也
ごめん変なこと言ってるのは分かってるけど
江口拓也
頻繁に左腕押さえてるしたまにガーゼというか包帯みたいなの見えるし
江口拓也
あと、カバンの整理してる時ガーゼというか包帯というか手当するためのセットとかカッターがポーチに入ってるのが見えて………
あなた
……した?
江口拓也
え?
あなた
嫌いになりましたか?
あなた
引きましたか?
江口拓也
そんなわけn
あなた
嘘つかなくて良いんですよ
あなた
あ〜あ頑張って取り繕ったのに
江口拓也
取り…繕っ……た?
あなた
いや仕事仲間がリスカしてたら嫌じゃないですか
江口拓也
………
あなた
だからバレないように隠してたんです。
あなた
リスカも本当の自分も
あなた
バレたら江口さん達も私の前から消えちゃうんじゃないか
あなた
また嫌われちゃうんじゃないか
あなた
そう思ってたから
江口さんはポツポツと話す私の話を真剣に聞いていた
江口拓也
あなたちゃんはさ
あなた
江口拓也
どうしてそう思うの?
あなた
どうしてって…
江口拓也
俺はリストカットしたこともしよう思ったこともないからよく分かんないけど
江口拓也
しちゃったってことは辛かったんじゃないの?
あなた
ッ……
江口拓也
じゃなきゃ自分で自分を傷付けようなんて思わないと思うよ
あなた
そう……ですかね
江口拓也
俺はそう思う
江口拓也
さっきあなたちゃん取り繕ったって言ったじゃん?
あなた
はい
江口拓也
俺は本当のあなたちゃんを知らないのかもしれないけど
江口拓也
リスカしてたってあなたちゃんはあなたちゃんだから変わんないし
江口拓也
死なれちゃうよりはいいと思うよ
江口拓也
俺あなたちゃんに死なれたくないもんニコッ
あなた
江口さん………
江口さんはそう言って笑っていた。


そんなこと言われたこと無かった。


バレたらみんな私の前から消えていく。


それが嫌でずっと隠してきた。


なのにこの人はそんなこと気にしていないとでもいうかのように言ってくれた。


私自身を見てくれた。


知ろうとしてくれた。


「してても私は私」


「死なれるよりいい」


何よりそれが嬉しくて、


気が付けば私は泣いていた。


そんな私に彼は綺麗な白いハンカチを渡してくれた。
江口拓也
わっ!?あなたちゃん涙っ!
あなた
グスッ……ありがとうございます…
ヨシヨシ


江口さんは私の頭を撫でて


私が落ち着くまで待ってくれた。