無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話

🌙
目 が 合 う た び 恥 ず か し い
幸 せ っ て こ う い う こ と ね …
や っ と 幸 せ を 掴 ん だ 気 が し た
『あなたちゃん ッ 。』
「ん ??」
『俺 、 家ない ((』
「え ?」
ぬ な の 家 を 出 て き た か ら と は 言 え な い し 。
『家追い出された 。』
「え ?!」
『だから …』
「あなたの家泊めて ? でしょ 」
な ん て に ひ っ て 笑 い な が ら い う 君
『そう !!』
「いいよ ッ 。」
で も な ん か 君 に 違 和 感 を 感 じ る
な ん だ ろ …
『あ ……』
「ん ?」
『あなた 、 眼鏡外したな ?』
「えへへ 。分かっちゃったかぁ 。」
『当たり前だろ ㅋㅋ』
で も 俺 は
『眼鏡付けてる方があなたらしくて好きなのになぁ 。』
あ り の ま ま の 君 が 好 き だ よ
初 め て 君 の 家 へ 行 く
「こ こ !!」
(( ごめ 、 飛ばしたった ←
『ぉぉ 。』
普 通 の 家 な の に 君 の 家 だ と 特 別 に 感 じ る
「どうぞ ~ 」
『おじゃましまぁ す 。』
君 に 言 え な い け ど
な ん か ず っ と
視 線 を 感 じ る
歩 い て く る 時 も ず っ と 。