無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第7話

🌙
俺 は
ぬ な だ と 思 う 。
ぬ な 、 俺 に つ い て き て る 。
だ か ら ぬ な は 今
あなた ち ゃ ん の 家 の
周 辺 に い る 。
『あなた 、 よく聞いて 。』
「ん ~ ??」
『絶対に 、ドアの鍵を開けないで 。』
「わ、わかった 。」
『窓の鍵も 。』
『外からの入口を塞いで 。』
「わ かった !」
俺 は あなた を 守 ら な い と 。
だ っ て ぬ な 。
殺 人 犯 だ し 。
俺 は か ー て ん を 全 て 閉 め て
あなたを ぎ ゅ っ と 抱 き し め た 。
も う 言 お う 。
『あなた…』
「ん ?」
『誰かつけてきてるよ …』
「え ?」
『俺達がこの家に来るまで …』
『ついてきてる人がいるの 。』
「ッ ?!」
『だから … こうしたの 。』
そ の 後 ぬ な の 存 在 も ぬ な の 事 を 
全 部 話 し た 。
話 し 終 わ っ た 時
ドンドンドンドン
ド ア の 方 か ら 叩 く 音 が 聞 こ え た