無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

273
2018/12/21

第4話

ドクン、ドクン


横に千颯さんが編集している、男の人が隣にいる状態で寝たことないからはずかしいよ、、
優愛
優愛
ち、千颯さん、
チハヤ
チハヤ
まだ、起きてたのか
優愛
優愛
は、はい、まだ寝ないんですか?
チハヤ
チハヤ
んー、あとちょっとで寝ようかな?
優愛
優愛
そう、ですか、
チハヤ
チハヤ
あとさ、
優愛
優愛
はい、
チハヤ
チハヤ
家族なんだから敬語やめよ?
優愛
優愛
そう、だね、千颯さん、
チハヤ
チハヤ
さん付けもおかしいでしょ
優愛
優愛
でもなぁ、
チハヤ
チハヤ
フレントみたいにさぁ
優愛
優愛
あ!ちーくん!
チハヤ
チハヤ
ちー、くん?
優愛
優愛
なんか可愛いでしょ?
チハヤ
チハヤ
まぁ、ね、?

ちょっと赤くなってる、!
優愛
優愛
ちーくん!
チハヤ
チハヤ
なんだよ
優愛
優愛
エヘヘ、照れてる?
チハヤ
チハヤ
て、照れてねーし!
優愛
優愛
ふふっ!ちーくん!
チハヤ
チハヤ
う、うるさい!ほら、寝るぞ!
優愛
優愛
うん!


ギュッ



優愛
優愛
!///
チハヤ
チハヤ
お返し!それにこっちの方があったかいだろ?
優愛
優愛
うん、///
優愛
優愛
こんなに暖かいお家はじめて、
チハヤ
チハヤ
、俺が幸せにしてやるから、、
優愛
優愛
うん、ずーっとちーくんと一緒にいる!




Chihayaside


っ、危ない、キスするとこだった、
こんなに綺麗な顔してるのに、虐待されてたなんて、



優愛、俺がお前に幸せを教えてやるからな、