第6話

🐯_6

ててside



























後輩ちゃん
後輩ちゃん
あの、彼女ってほんとですか…?
てて
てて
うん、まあね…



あなたは大事、大事だけど……

きすしただけで妊娠すると思ってるから

なんも手だせねぇんだよな、



後輩ちゃん
後輩ちゃん
浮気、だったんですか?
後輩ちゃん
後輩ちゃん
私…結構本気だったんです…
てて
てて
ほんとにごめんね、傷つけるつもりはなくて…
後輩ちゃん
後輩ちゃん
彼女さんも傷ついてるんじゃないですか?
てて
てて
あなた…
 


確かにこっちを見ているときの

あなたの顔はどこか悲しげだった…



後輩ちゃん
後輩ちゃん
しかもあの彼女さんおっぱには絶対もの足りませんよ?笑
てて
てて
………え?
後輩ちゃん
後輩ちゃん
全然かわいくないし笑
てて
てて
お前っ、!!



なんの遠慮もなく

あなたの悪口を言い続ける、



後輩ちゃん
後輩ちゃん
だから、おっぱ私とつきあいましょうよ?
後輩ちゃん
後輩ちゃん
あんなやつじゃなくて笑
てて
てて
っざけんな……!!
てて
てて
あなたのこと、悪く言うな…
後輩ちゃん
後輩ちゃん
え~だって~
てて
てて
黙れよ!!!!!


俺は思わず怒鳴り散らしてしまった、



てて
てて
最初から思ってた、俺のこと顔でしか見てないって
後輩ちゃん
後輩ちゃん
そ、そんなこと……!
てて
てて
あなたは確かに純粋すぎるかもしれないけど俺を心から愛してくれる、
後輩ちゃん
後輩ちゃん
はあ?よくそんなこと言えますよね



そう言って走って行ったくそ野郎。

どうゆう意味か聞きたくて引き留めようと

思ったけどできなかった……












next