無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

絶対に助けてやるからな
ヒサメ
ヒサメ
こ…これ…
ポストには写真が入っており、
そこには手足を縛られ、
髪を捕まれているあなたの姿が写っていた
シディ
シディ
あなた…!
カゲチヨ
カゲチヨ
エイフィアのやつ…!
カゲチヨは怒っているようだった…
ヒサメは両手で口を覆い、顔を青ざめていた…
俺は二人とは少し違う
俺は今…



シディ
シディ
許さない…
怒りが最頂点に到達している

こうしている今でも、
あなたが傷付けられてると思うと怒りが増してく…
シディ
シディ
あなた…((火が体から出る
ヒサメ
ヒサメ
し…シディ…!?
カゲチヨ
カゲチヨ
お…おいシディ!落ち着けって!
シディ
シディ
………ギロッ ((睨
ヒサメ
ヒサメ
ビクッ
カゲチヨ
カゲチヨ
ビクッ
カゲチヨ
カゲチヨ
…シディ…お前…
シディ
シディ
俺はあなたの元に行く…
ヒサメ
ヒサメ
私もいくよ!
カゲチヨ
カゲチヨ
俺も行く、
カゲチヨ
カゲチヨ
紅春さんは危険だから、
家に帰っててください
雨宮 紅春
雨宮 紅春
わかりました!
ヒサメ
ヒサメ
よし!じゃあ行こう!
シディ
シディ
あなた…








絶対に助けだすからな…