無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

カレコレ屋に到着
シディ
シディ
着いたぞ、ここがカレコレ屋だ
you
you
…ここが…カレコレ屋…
シディ
シディ
カゲチヨのヒサメはいるだろうか…
you
you
………
(私…見つかったらどうなるんだろ…)
you
you
(実験される…?それか…殺される…?)
you
you
(怖い…殺されるのは嫌だ…)
you
you
(やっぱり…私は死んだ方が…)
…あなた…あなた、聞こえるか?
you
you
…!
シディ
シディ
大丈夫か…?
さっきから震えているぞ?
you
you
あ……えと…

『俺はお前を使って、もっと評価を貰うんだ!』
you
you
ぁ…あぁ…
シディ
シディ
どうした?
you
you
…………だ…
シディ
シディ
…?
you
you
嫌だ……嫌だ…嫌だ…!((頭を抱える
you
you
もう…あんな事されたくないよ…!
やめて…研究なんて…私を使って…
you
you
私を利用しないでよッ…!
シディ
シディ
っ!?おい…大丈夫か!?💦
落ち着いてくれ!💦
何が…一体、どうしたんだ!💦
you
you
…ぅ…ぁ…
シディ
シディ
あなた…?
バタン!
シディ
シディ
なっ…!!
おい!あなた!しっかりしろ!
シディ
シディ
とにかく中へ!((あなたを抱える
ガチャッ
シディ
シディ
カゲチヨ!ヒサメ!大変だ!
カゲチヨ
カゲチヨ
シディ!遅かったな…って、は!?
カゲチヨ
カゲチヨ
そっ…その美人どうしたんだよ!?
ヒサメ
ヒサメ
なんの騒ぎー?って、えぇぇ!?
ヒサメ
ヒサメ
どうしたのその子!?
シディ
シディ
とにかく、あなたを寝かせないと!
カゲチヨ
カゲチヨ
おい、何がどうなってんだよ!
シディ
シディ
説明は後だ!
ヒサメ
ヒサメ
私、毛布持ってくる!
カゲはコップに水一杯いれてきて!
カゲチヨ
カゲチヨ
わかった、
シディはその子といてくれ
シディ
シディ
ウム!