無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

助けてくれたのは…
you
you
ヤバイ…本当にお腹空いて…力が…
バタン!
???
ウム?あそこに倒れてるのは…人!?
???
おい!大丈夫か!?
you
you
…だ……れ……?
シディ
シディ
安心してくれ、
決して怪しいものではない!
you
you
…お腹…空いた…
シディ
シディ
ウム、何か買ってくる!
少しの間、辛抱してくれ!
you
you
うん…
シディ
シディ
急がなければ…!タッタッタッタッ((走り出す
【数分後】
シディ
シディ
待たせたな、
近くの店でおにぎりを買ったんだが…
you
you
ありがとう ニコッ
you
you
いただきます…パクッ
シディ
シディ
どうだ?
you
you
ポロ…((涙
シディ
シディ
…!?
シディ
シディ
どうしたんだ!?💦
you
you
ううん…美味しい…ポロポロ
you
you
ちゃんとした食べ物食べるの…
数年ぶりだから…
シディ
シディ
…そうなのか…
you
you
うん… ニコッ
シディ
シディ
なぁ、名前は何て言うんだ?
you
you
あなただよ。ニコッ
シディ
シディ
あなたか ニコッ
シディだ、よろしくな
you
you
よろしく♪
シディ
シディ
一つ聞いていいか…?
you
you
いいよ…?
シディ
シディ
狐の耳の様なものが生えてるが…
それは一体…
you
you
狐の耳だよ ニコッ
私…狐の妖怪とカメレオンの混血で…
シディ
シディ
混血!?(俺達と同じ…)
シディ
シディ
…なぁ、困ってるみたいだし、
カレコレ屋に来ないか?
you
you
カレコレ屋…?
シディ
シディ
あぁ、少し詳しく聞きたいからな
you
you
うん…わかった…