無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

アイツは…
シディ
シディ
スンスン…
you
you
シディ、どう?
匂い残ってる?
シディ
シディ
ウム、少しだが残っているぞ!
you
you
よし!じゃあ行こう!
シディ
シディ
ウム!
【んで】
you
you
また曲がり角…
シディ
シディ
ム…?おかしいな…匂いが消えてる…
you
you
えぇ!?
シディ
シディ
どうするか…
you
you
よし…私に任せて!
シディ
シディ
ム?どうするのだ?
you
you
狐火!!ボワボワ((火の玉が出てくる
you
you
狐火!紅春さんの財布を探して!
シディ
シディ
そ…そんな事が出来るのか…✨
you
you
まぁね、
狐の妖怪のDNAを持ってるからか、
狐火が操れる
シディ
シディ
かっこいい…✨
【そして】
狐火)フワッ…
you
you
お帰り、どう?見つけた?
狐火)コクコク
you
you
そう、ありがとね ニコッ
シディ
シディ
凄いな…!
you
you
うん、こっちだって!ニコッ
シディ
シディ
ウム!
タッタッタッタッ
シディ
シディ
く……ッ
you
you
シディ、どうしたの?
シディ
シディ
日が落ちてきたから…体力が…な…
you
you
そっか…大丈夫?
シディ
シディ
ウム、
探すくらいなら大したことはない
you
you
ついた、ここだ…
シディ
シディ
ム…?スンスン…
シディ
シディ
こ…この匂い…!
you
you
どうしたの?
シディ
シディ
この匂い…もしかして…!
ドン!((ドアをあける
エイフィア
エイフィア
おや、お客さんですか?
you
you
…ッ!!
you
you
エイフィア…!
シディ
シディ
やっぱり…
you
you
何でここに…!
エイフィア
エイフィア
なんで…って、
実験台を探しに…ね♪