無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

レコーディング
レコーディングが始まり
そして、お昼になった〜
あなた

そろそろお昼なので帰りますね

あなた

お昼ご飯のお弁当買ってあるので

あなた

後で食べてください

ななもり。
待って
あなた

(なになに…?)

あなた

なんですか?

ななもり。
課題家から持ってきて
ななもり。
ここでやればいいじゃん
あなた

え?

ジェル
それええやーん
あなた

なんでですか

ころん
僕たちの歌声生で聞けるんだよ?
あなた

さっき十分聞きました

あなた

(ほんとはもっと聞きたい〜!)

るぅと
とか言ってもっと聞きたいんじゃ…
あなた

Σ(=ω=;)ギク

さとみ
早く行って戻ってこいー
あなた

わ、わかりましたよ

バタン←あなたが部屋から出る
莉犬
…なーくん
莉犬
なんであなた戻ってこさせるの?
ななもり。
……さぁ?…口が勝手に動いた
ななもり。
(なに…このモヤモヤした気持ち…)
さとみ
ころんの生で聞けるってやつは本性?
ころん
あいつ生意気だから見せつけたかったのー
さとみ
ふーん
…………
〜数十分後〜
あなた

戻りました〜

るぅと
遅〜
あなた

(-"-)💢すみません

あなた

ここの席でやらせてもらいますね

ジェル
次なーくんの番ー
ななもり。
おけー
あなた

(わー✨なーくんが歌うんだ✨)

ななもり。
…………
曲が流れ始める
ななもり。
(*´o`)•*¨*•.¸¸♪
あなた

(なんて綺麗な声…)

あなた

(生は違うんだ………)

あなた

(( ゚д゚)ハッ!)

あなた

(やばいやばい、)

あなた

(つい聴き入っちゃった)

あなた

(課題やらないと💦)

…………
そしてななもり。のレコーディングが終わり
莉犬の番になった〜
るぅと
莉犬頑張れー!
莉犬
任せなさいo(`・ω´・+o)
莉犬
……
莉犬
(*´o`)•*¨*•.¸¸♪
あなた

(;_;)

ジェル
げ!?なんで泣いてるん?
るぅと
ほんとだ、泣いてる
あなた

あ、、ほんとだ、、、

あなた

なんか、莉犬さんの歌い方に感動しちゃった…

あなた

そんなことより課題しないと!

ころん
がんば〜(棒)
ななもり。
( ˘•ω•˘ ).。oO
……………
そして莉犬のレコーディングが終わった
その後も次々とレコーディングをしていき
18時になっていた
あなた

今日はもう終わりです

あなた

お疲れ様でした

あなた

それでは私は先に帰りますね

ジェル
待って
ジェル
タクs
あなた

タクシーはもう呼んであります

ジェル
(   ˙ㅿ˙   )
あなた

( *¯ ꒳¯*)ふっ

あなた

もう頼むことわかってきました〜

あなた

(´꒳`*)どやあああ

あなた

ということなのでさようなら

バタン
ジェル
(#・ω・)むかぁ
ジェル
ムカツク
ななもり。
まぁまぁ
ななもり。
また今度痛めつけよ
ジェル
そーやな
バタン!
すとぷり
Σ(OωO )ビクッ!?
あなた

言い忘れてたことありました!

さとみ
なになに…?
あなた

私これから平日は学校あるので

あなた

バイトは休日だけになりました

莉犬
え?なんで?
莉犬
学校なんて夕方に終わるでしょ
あなた

普通にしんどいですよ

あなた

LINEで予定言いますので

あなた

それでは

………………………
あなた

( ´д`)💨はぁー

あなた

明日学校かぁ〜

あなた

あ、明日の予定言うの忘れてた

あなた

えっと〜、明日はー、、

あなたがスケジュール帳を見る
あなた

?!

あなた

え?!まじで?!

……………………………