無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第30話

病院にて
あなたside


ん。。、




ここどこだろ。?




あ、私倒れたんだっけ、。




道枝駿佑
道枝駿佑
おい!長尾!あなた目覚ました!
長尾謙杜
長尾謙杜
え!!
長尾謙杜
長尾謙杜
あなた大丈夫??
あなた

あ、うん

あなた

全然元気!!

西畑大吾
西畑大吾
なにがあったん?
西畑大吾
西畑大吾
こんな血だらけな足にその酷い顔アザ。、
藤原丈一郎
藤原丈一郎
なにがあったんや!!
あなた

いや、なにもないよ!!!全然大丈夫!

あなた

ちょっと転んじゃって

大橋和也
大橋和也
うそや!
大西流星
大西流星
あなたなにかあったら言うんやで?
あなた

うん!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
絶対に迷惑かけないようにしないと、
あ!!




今日Myojoの撮影やったのに!!





どうしよ
あなた

Myojoの撮影!!

西畑大吾
西畑大吾
あ、それなら大丈夫やで!日にち変更になったから
あなた

え!ごめんなさい。

道枝駿佑
道枝駿佑
あなたのせいやないで!!普通に日にちが変更になっただけやで!
あなた

あ、良かった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
長尾side




見てしまった。









びじょびじょな服でトイレからでてきた所。








すごい泣いてた。





でも、なにがあったのか、分からなかった。





あとから気づいた。、





倒れた時に







足に酷い傷




血がにじんだあと。、


が見えた。




なにがあったんや







絶対に守らないと。