無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

598
2020/05/02

第11話

今後について
3人で待ってからそんなに時間はかからなかった。最初に来たのはジェルだ。
ジェル
2人とも、おはよーぉ!!!ってなーくん早!!!?俺が1番だと思ってたのに!
ななもり
ジェルくん、おはよ!残念だったね!
ジェル
やっぱり、なーくんにはかなへんわ‪w
ジェルがそう言うとみんなは笑った。
ころん
なんの争いだよ‪w‪w
さとみ
ほんとっだよ‪w‪w」
そんな笑い声がドアの奥からも聞こえたのか1人の男が勢いよくドアを開けた。
るぅと
何事ですか!?
莉犬
なになに?みんな僕達をおいて何してるの???
るぅとは驚いた顔をして、莉犬はるぅとの後ろからひょっこり出てきては、ムスッと言った。
ななもり
あ、るぅとくんに莉犬くんおはよ!
るぅと
みんなで楽しそうにしてましたね。
莉犬
僕達を置いてさ……。
2人は、ムスッとしたままみんなのところに歩いた。
ジェル
いや、るぅと達が遅いんだよ!
るぅと
僕達は、遅くないですよ!みんなが早いんです!
ななもり
まぁまぁ、落ち着こうよ。
莉犬
みんな、はやぁーい!!!
ジェル・るぅと・莉犬が言い争いしてる中、2人が口を開いた。
さとみ
あ……あのさ……。
ころん
今後についてなんだけど……活動……どうしていく……?
3人は言い争うのをぴたりと辞め……下を向いた。でも、ななもりだけは違った。2人を見ていた。そして、2人の元に歩いたと思いきや手を握り、優しい口調でニッコリと言った。
ななもり
日曜日の公式放送で……2人抜きで俺達4人で伝えるよ。2人が事故にあったから活動を休止して1ヶ月後ぐらいに戻ってきますってね。
ころん
なーくん……。。
ころんは下を向きそれから言葉が出てこなかった。肩が震えている……それに気づいたななもりは、優しくころんを抱きしめた。そして、沢山の雫がななもりの肩に落ちていった。
さとみ
なーくん。ごめんなさい。ぼくたちのせいで……本当にごめんなさい。
さとみも頬から沢山の涙をながし、ななもりに抱きついた。ななもりは、2人を優しく抱きしめながら
ななもり
大丈夫だよ。僕たちならいけるよ。かませるよ。だから、2人が復活したら、また頑張ろう。
そう言って、2人が泣き止むまでずっと抱きしめ続けていた。
るぅと
本当に、なーくんは優しいですよね。
莉犬
なーくんだけじゃあないよ。すとぷり全員が優しいでしょう。
ジェル
それは言えてるかもな‪wすとぷりで良かったよ。
莉犬
僕もそうだよ……。
るぅと
僕もです。
3人は、ななもり達を暖かい目で見守っていた。この会話は、3人には聞こえなかった。3人だけの秘密になったのだ。