無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

718
2020/04/27

第2話

2人が入れ替わる前の話②
数分後の話になる。
ジェル
よし!今から、あそこまで走ろうぜ!ビリの人は罰ゲームな!
ななもり
いいね!ジェルくん、俺は先に行かせてもらうよ!
莉犬
うわ、なーくんずるい!
るぅと
待ってくださいよ!
さとみ
ころん、俺たちも行くぞ!
ころん
さとみくんには負けないもんね!
そうして、ゲームが始まった。
ころんとさとみは出遅れたばかりかみんなに先に行かれ、信号に引っかかってしまった。
ころん
みんな、早すぎでしょ。きっしょ……。
さとみ
青信号になったら走るぞ、ころん!
そう言って、さとみは青信号になった瞬間走り出した。ころんは、よそ見していたから、出遅れてしまう。そして、車が来ていることに気づいて……
ころん
さとみくん!危ない!!!
さとみ
え……!?」
・・・シューーー ズン! ズッサ ・・・
ころんは、さとみを助けようとしたが間に合わず2人で抱き合って轢かれてしまった。

その後、2人が来ないことに心配になったメンバーは、様子を見に行くと、すぐに救急車を呼んだ。