無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

2 水溜りボンドside
俺らは水溜りボンドとしてYouTubeをやっている
あなたに見てもらうために
あなた・・・
見てますか?
また一緒に笑いたいよ
カンタ
・・・ミー!トミー!
トミー
え!?
何!?
カンタ
またあなたの事考えてたの?
カンタ
本当にあなたが大好きだね
トミー
そういうお前だって!笑
キイチ
あのー
あなたって誰ですか?
トミー
俺らの幼なじみ!
まんず
会ってみたいな
Pさん
( ゚ー゚)ウ ( 。_。)ン
カンタ
いつか・・・
また会えるよね?