無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第64話




 あの…あおい という女と会ってから





約3日が経った。









 あの時─.








" 誰でもいいだろっ… "











 " よくないっ… "













 。






 …くそっ… 



あの女は家に帰った。








どうせ明日も来るだろう。










 …なんとかしないと…。






ベットに横になって考えているとインターホンが鳴った。








 (( ぴーんぽーん







 ……ん。 



 重い身体を起こしてドアに向かう。







─────────────────



海人
海人
 お邪魔しま〜す ♪ 
 なんだ…海人か。(笑) 

一瞬あの女かと思って開けるのをためらったけど

海人で良かった…。



海人
海人
 さぁさぁ,
 お話聞かせていただきたいな〜(笑)
 …話?? 
海人
海人
 あれ,まさか紫耀ニュース 
 見てないとか??
 あぁ…色々あって見てないかな。 
海人
海人
 色々…。 


 ニュース?? 話??


 なんのこと??






 海人はそのままだまってテレビを付けた。







👤 『 先日,King&Princeの平野紫耀さんと
  元アイドルの相宮あおいさんの熱愛が発覚しました。』


👤『文春によると,2人で仲良さそうに買い物をし,
  その後くっつきながら夜の歩道を
  歩いていったとの事です。』

👤『元アイドルのあおいさんと
  同じグループだった鈴木しおりさんは…』
 …なんだよ…これ…。 
海人
海人
 …おとといからずっと
 このニュースばっかり。 
海人
海人
 もしかして…ほんとに知らなかったの…?? 












 俺は黙って頷く。






それから少し沈黙が続いて

海人が申し訳なさそうに口を開いた。













海人
海人
 ……あなたちゃんは?? 














 
 …わかんない。 
海人
海人
 …え? 






海人
海人
 …じゃあ今どこにいるの?? 
 …知らない。 



そんな事,俺が1番知りたい。









あなたは…最後まで俺の事を想っていてくれて…









大事にしてくれて…














それなのに俺は突き放してしまった。
















ほんっとどーしよーもねぇな俺。












 今となってあなたとの思い出が蘇ってくる。









ケンカしてお互い泣きじゃくって謝ったり


記念日にサプライズをしてあなたが喜んでくれたり



俺がデビューした時は1番喜んでくれた。











目頭が熱くなって頬が濡れ出す。





 ……ぅぅっ… 
海人
海人
 えっ…ちょっ!! 





そのまま俺は座り込んでひたすら泣いていた。









───────────────────

 NEXT☞