無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第20話







2人でコンビニを出て,




人が少ない公園にきた。









ブランコに座って,勝利が口を開く。







佐藤 勝利
佐藤 勝利
…あなた…さ。
んー?
佐藤 勝利
佐藤 勝利
紫耀の彼女でいて…ほんとに幸せ??
……え?



少し沈黙が続いた。






幸せ??…






幸せだよ??





幸せだけど…今の状況でなんて説得力がない。







なんで??…




勝利は少しためらって,私の頬に─.















((( チュ













─キスをした。









っ…!?///

恥ずかしさと驚きで顔が赤くなっていくのがわかる。





しょ……うり??///




ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
佐藤 勝利
佐藤 勝利
……ッごめん…
佐藤 勝利
佐藤 勝利
かっこわりぃ……/////




昔からの付き合いであんまり意識してなかった。





むしろ私の事好きだなんて考えもしなかった。










…ッ //// (顔…近い…)




ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
勝利は私の肩に手をおいた。








佐藤 勝利
佐藤 勝利
…俺じゃだめ……?//////




真剣な目。






いつものいたずらっぽい雰囲気でもない。










ぅ…あ…//////






そのままされるがまま抱きしめられた──.