無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

なんか…なんかわかんないけどドキドキする…
いつも一緒に寝てるのに…


…((((ジー
やっぱり…かっこいいなぁ
紫耀
紫耀
ん?? なんかついてる??笑
い,いや,別にッ
なんか…かっこいいなぁって///
紫耀
紫耀
…は,はぁ!?///
あ~!! 今照れた〜!!笑
紫耀
紫耀
て,照れてねぇし…///
耳まで真っ赤にして…




ほんっと可愛い。
紫耀
紫耀
…き.
え?
紫耀
紫耀
……すき。/// ((ギュッ
え,は,ちょ///
紫耀
紫耀
ほら,あなただって照れたじゃん笑
だって…不意打ちにバックハグは無理だよ…。



心臓持たないッッ…
紫耀は私の肩に顔を乗せてきた。
紫耀
紫耀
ねぇ。俺の事好き?
あったりまえじゃん。大好きだよ?///
紫耀
紫耀
んッ…///
耳にッ 舌が…ッッ///
あッ やぁッ…///
自分でも聞いたことの無い声が漏れる。



紫耀の舌,漏れる吐息と唾液が暴れる音が脳まで
伝わってゾクゾクする。
紫耀
紫耀
ぺろ…っんはぁっ…
んぁぁ…ッ らめッ////
紫耀
紫耀
あなた…耳弱いじゃん…??
何故か…こんな時に海ちゃんのあの言葉が頭に浮かんだ。
" 『しよ?』っていってみるとか!!ww "
今…しかないのかな。
ね,ねぇ…紫耀
紫耀
紫耀
ん?
し,しよ??////
紫耀
紫耀
……え??
紫耀
紫耀
しよって…
紫耀
紫耀
…いいの?俺,止まんないよ?
……うん///
……紫耀のものになりたい
紫耀
紫耀
…じゃーあ 遠慮なく。
ドサッ… (((押し倒される