無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第51話

呼びなおしてよ


" 廉くん呼びに治すこと。"























廉くん…かぁ…。












なんてゆーか、距離が縮まったというか、、








んーー。。よくわかんないな(笑)








しかもそのあと─,












─────────────────
廉
 廉くん呼びに治すこと。// 
 …ぇ??// 










戸惑っている私を見つめる。



まっすぐな目で。













 すると、勢いよく扉が開いた。









海人
海人
 あなたちゃんっ!
 俺も、海人くんって呼んで欲しいな〜!♡ 
 えっ…ちょっ…え!?!?// 
廉
 ちょ、海人っ…聞いてたんか…// 
海人
海人
 美味しい話は逃さないもん ♪ 















──────────────────






って流れで海ちゃんも海人くん呼びしないといけないし。。





ほんっと慣れない…//






















 …ぁー…。
 今日は疲れたな…// 


ぼーっと夜道を歩く。









家まであと少し。







紫耀が待ってる。











海人
海人
 あなたちゃんっ…!! 







 えっあっ…!?// 
 海ちゃ…じゃなくて 
 海人くんっ…??//


後ろから追いかけてきた海人くんは

精一杯走ってきたのか息切れをして苦しそうだった。










なんで…追いかけてきたの…??//


















海人
海人
 あなたちゃんにっ…言い忘れてっ… 













海人
海人
 紫耀の事なんだけどっ… 















 …紫耀?? 



NEXT➯

───────────────────


海人くんって慣れないなぁほんとに(笑)