無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

2
四つん這いになろうとする女の腰を掴む。

「え、まっ……」

女が驚いて振り返ろうとする。

けれど、そんなこと構わず思いきり突き上げた。

「ッ、ぅ、ぁ……ッッ」

女が声をあげる。

ギュッと膣が締まって気持ちいい。ゆっくり腰を動かしていく。女のアソコは狭く、抜き入れするたびに、強い刺激を感じることができた。

「ねぇ、もしかして処女?」

女は答えない。その代わりに甘い声をもらす。

「っ、ぁ……ッん、……っ」

それが、いやらしくてたまらない。

なんどもなんども後ろから激しく突いた。

「っぁ、ぅ……っ、ぁ、……ん、」

「締まりすぎ。ちょっとは力抜いたら?」

「ん……っ、……ッッ」

「ほら、ゆっくり深呼吸」

「っ、……ッ、む、り……です……どうしても……身体に……、ン…ちから、が、……ッ」

「また締まった。あぁ、気持ちよすぎるんだけど」

「ん、ぁ、……ぁ、ァ」

「だめ。もう無理」

優しくしてやろうかとも思った。